2006年07月27日

ひぐらしのなく頃に第17話「目明し編 其の弐 ケジメ」

えーと、叔母殺しの犯人って悟史で確定なの…?原作では黒に限りなく近いものの、まだ悟史が犯人だとはっきり描かれてはいないんだけどなあ。もしこれがスタッフが勝手に入れたシーンならそれはとんでもない事だし、原作者の竜騎士07氏に確認を取って入れたものなら、ものすごいネタバレをされた気分なんだが…。つーか、「もしかしたら『祭囃し編』で悟史は白だったという展開になるかもしれない」という希望がぶち壊しだわ。

爪はぎのシーンは痛々しくてよかったと思うよ。
posted by gm at 02:55| Comment(0) | TrackBack(2) | ひぐらしのなく頃に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

2006年7月新アニメ感想

まあ、自分がチェックしたのはたった4本だけなんですが。

「BLACK LAGOON」
1話、2話はかなりハードで面白かった。3話もまあまあ。1クールだしこのまま最後まで観続けてしまいそう。とか言いつつ、今週は関西テレビで「死霊のはらわた」を録画するだろうから多分観ない。

「内閣犯罪強制取締官 財前丈太郎」
2ちゃんねるの実況スレをROMりながら観れば面白い。単体だとネタとしてちょっと物足りない。さてどうするか。

「無敵看板娘」
こっちでは3週遅れの放送だから、事前に関東組の感想とかをネットで見たりしていて、その評判があまり良くないから観る前から不安だったんだけど、たしかにこれはダメだね。テンポ悪すぎだし、オリジナルシーンも寒い。原作からしてほとんど勢いだけで突っ切っているような作品だから、このテンポの悪さは致命的。それとおかみさんの声もダメすぎる。もうちょっとドスの利いた声じゃないと。そのうえ、こっちでは「桜蘭高校ホスト部」の後に放送しているもんだから、余計にその酷さが際立つ。ああ、ホスト部は本当に面白いな〜。
正直、原作を読んでなかったら第1話だけで早々に切ってるところだぞ。まあ、原作のファン(ってほどでも無い気もするけど。でも単行本全巻持ってるからやっぱファンなのかな)だから切るに切れないけど。でもまあ、来週は勘九郎が登場するから、ちょっと期待してあげよう。
なんか狙っている感バリバリのOPも滑ってましたなー。ヘルズバニーくらいしか見どころなし。そしてEDは高橋直純の歌声がやけに耳障り(高橋直純ファンの人ごめん)。
アニメ化決定した時は期待してたんだけどねえ。見事に裏切られた。

「花田少年史」
実写映画の宣伝のためか、今頃になってようやくこっちでも放送。結構気になっていた作品なので放送が開始されたのは嬉しい。昭和の時代の田舎の雰囲気がいい感じ。この先もなかなか期待できそう。

とりあえず自分がチェックしたのはこの4本。まあ、「ちょこッとSister」なんかは、原作も読んだことあるし観てもよかったかなあと思っていたりもするけど、まあ、視聴本数を増やしすぎると後々困ることになりそうなんでこれだけでいいや。
posted by gm at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画、アニメ、特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

ひぐらしのなく頃に第16話「目明し編 其の壱 初恋」

いつもの事だけど、展開が早いね。でも、押さえるべきポイントは大体押さえられていたから、それなりにうまくまとまっていたとは思う。悟史の声はちょっとイメージと違ってたなあ。葛西はよかったと思う。そして、詩音の作画がなんかエロいよ。其の壱の印象はまあまあってところ。

ただ、詩音の心理描写が少なすぎたのはいただけない。詩音の心理描写が目明し編のキモだと思うんだけど。あれがなきゃ、この先の詩音の行動は視聴者にはただのキ○ガイにしか見えないぞ。まあ実際キ○ガイみたいなもんなんだけど、色々と理解できない部分が多くなると思うんだよねえ。このままだとラストもまったく詩音に同情できずに全然泣けないものになるぞ。其の弐からはハルヒのキョン並みに詩音のモノローグを増やして欲しい。それさえあれば、詩音の行動に「納得」はできない人もいるかも知れないけど(これは原作でもそうなんだけど)、心情を「理解」することくらいはできると思う。
あと、アバンもダメだったな。あれじゃただのネタバレだ。まあ、本来その編には無いはずの場面をアバンに使用した綿流し編のほうが酷いけど。

う〜ん、そこそこ楽しめたから印象はまあまあと書いたんだけど、結構文句も書いてるな…。やっぱそんなに出来はよくなかったのか?
posted by gm at 22:27| Comment(0) | TrackBack(1) | ひぐらしのなく頃に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

今月・来月の水木しげる新刊について

まあ、たまにはこういうネタも書いてみようかと。て言うか、自分の一番好きなジャンルのはずなのに、このブログでは水木しげると関係の無いアニメの話が一番多いなあ。

水木しげるのニッポン幸福哀歌(角川文庫・7月25日発売)
1967年から69年にかけて漫画アクションに掲載された「シリーズ日本の民話」全20話を発表順に完全収録。何度か単行本にまとめられたことはあるものの、少し収録漏れがあったり、短編集などにはバラバラに収録されたりしていたので、全20話が1冊にまとめられるのは今回が初めて。未読作品が数本あるので、発売が楽しみ。表紙にサンコミックス「死者の招き」の表紙イラストを使用しているのも個人的にポイントが高い。大好きなんだよ、この絵。
「シリーズ日本の民話」全20話のリスト
「役の行者」(未読)
「一つ目小僧」
「貧乏神」
「猫の町」
「離魂術」
「小豆洗い」
「幽霊屋敷」(未読)
「影女」
「雨女」
「帰って来た男」
「島」(未読)
「大人物」
「打出の小槌」
「管狐」
「ボヤ鬼」
「時の神」
「ぬっぺふほふ」
「梅干し」
「異次元の色気」
「人面草」
並べてみて気づいたけど、自分の未読作品って3本しかないのか…。

墓場鬼太郎(1) 貸本まんが復刻版(角川文庫・8月25日発売)
1997年に刊行された「墓場鬼太郎 貸本まんが復刻版」全6巻を文庫化。97年に出たやつを持っているから多分買わないけど、貸本版の鬼太郎が、「幽霊一家」から「ないしょの話」まで全作文庫化されるのは初めてなので、その意義は大きいと思う。この機会に多くの人に貸本版鬼太郎を読んでもらいたいね。そして願わくば今度は竹内寛行版「墓場鬼太郎」の復刊も…。いや、色々とややこしい問題がありそうだから難しいんだろうけどさ。よろしければ復刊ドットコムのほうに投票お願いします。まだ53票しか集まっていない…。まあ、ネットをやっている層でこれを読みたがっている人ってあまり多くないんだろうけど…。

河童の三平 貸本版(上)(もん・りいぶる・8月中旬発売)
貸本版「河童の三平」の復刻版。貸本版三平は人類文化社の「水木しげる貸本傑作大全U」で読んだことあるけど、今回はカラーページを完全再現しているので購入予定。貸本版三平は文句なしに好きな作品なので、この仕様は嬉しい。表紙も貸本版8巻の流用でかなり味があるしね。買わないと罰が当たるよ。

以上。「ニッポン幸福哀歌」と「河童の三平」の2冊は発売が本当に楽しみだ。発売日までドキドキワクワクが止まりそうにない。

2006年07月13日

神様=お兄ちゃん

いくら大阪では1週遅れで放送されているとは言え、月曜深夜に放送されたわけだから、取り上げるタイミングとしてはちょっと遅いけど、ラブゲッCHU13話でこの歌を聴いたときはぶっ飛んだ。シスプリですらここまでぶっ飛んだ歌は無かったぞ。無性にCDが欲しくなってきた。「なないろなでしこ」のカップリングらしいし、買ってみようかな。しかし、「メイドはもう古い。これからは妹だ」とかそんな感じのこと言ってたけど、妹のほうがもっと古いだろ。妹ブームなんて3年位前に終焉を迎えていると思うんだけどねえ。

ついでにアニメ版ひぐらしの暇潰し編の感想も少し。
今回はかなり出来がよかったと思う。もちろん端折られている場面も色々とあったけど、取捨選択さえ間違えなけりゃちゃんとしたものが出来るんだね。最後の赤坂と大石が本を出版するところが無かったのは残念だけど。それでも祟殺し編に比べりゃ遥かにいい。
次回からは自分がひぐらしで唯一涙した「目明し編」がスタート。さあて、これはどんな出来になるやら。
posted by gm at 15:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 漫画、アニメ、特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

来年のドラえもん映画は…

昨日の放送で少し流れた映像を見る限り、どうやら「魔界大冒険」っぽい…?ということはタイトルはやっぱ「のび太の魔界大冒険2007」かなあ。

「魔界大冒険」は結構好きなので、どのようにリメイクしてくれるか楽しみ。そういえばこれって、ドラミが出てくる(それも重要な役割で)よなあ。ようやくわさドラにもドラミ登場か。そろそろTVにも出てくるかな。声優は誰になるのか。噂どおり釘宮理恵かね?
posted by gm at 14:25| Comment(0) | TrackBack(3) | 藤子不二雄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

17日までって、無理…

ちょwwwトイホビからこんなメールが

●●様

タカラトミー公式ショッピングサイト「トイホビーマーケット」でございます。
このたびのご利用、まことにありがとうございます。

過日、「グレートゴルドラン<商品化リクエスト>」を承っておりますが、
以下、ご確認いただければ幸いです。

※すでに決済を終えられたお客様につきましては、お手数ですが本メールを削除ください。


グレートゴルドラン<ゴールドメッキバージョン>リクエスト商品に関しましては、
2006年7月17日(月)までに決済をいただくようお願いいたします。

※上記期日を過ぎますと、キャンセル扱いとなります旨ご了承ください。

決済は、トイホビーマーケット「マイページ」内「予約/取り寄せリスト」より可能です。
リクエスト商品の入荷日は、9月末〜10月初旬を予定しております。
日程詳細が決定しましたら、再度メールにてご連絡いたします。


17日までに金を用意するなんて自分には無理です…。て言うかこういう事は事前にアナウンスしといてよ。急すぎて自分以外にも払えない人が結構いるんじゃないか。
仕方ない。泣く泣く諦めるか。

というわけで、俺の冒険は始まりませんでしたとさ。

2006年07月03日

冒険が始まる

「グレートゴルドラン(ゴールドメッキバージョン)」商品化決定!!

キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!

全身金ピカのグレートゴルドランが手に入る!!想像しただけでホントのエナジーが動きだすぜ。しかしこれで21,000円の出費は確実になったわけでちょっと痛い…。でもやっぱ嬉しい。部屋に飾ればものすごい存在感だろうなあ。史上最も派手なロボットじゃないかな、これは。

2006年07月01日

黄金の力守りし勇者よ、今こそ蘇り、我が前に現われ出でよ。

さて、本日午前0:00をもって「超勇者復古烈伝BR-05 グレートゴルドラン」が受注締め切りを迎えたわけですが。果たして2000人の注文が集まったのか。7/3の結果発表が待ち遠しいですね。

自分は散々悩みましたが、最終日にとうとう決心して注文しました。これでしばらく色々と欲しいものを我慢して金を貯めんと。とりあえず元々は買うつもりだったこれはスルーすることに。あとアニメ関係のCDでいくつか欲しい物があるけど、これもほぼ全部スルーだな(ひぐらしのOP/EDくらいは買いたいけど)。グレゴルが発売されるまでは、自分の趣味に関する出費は、基本的には漫画の購入だけになりそう…。辛いなあ。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。