2006年09月26日

「邪魅の雫」発売!

去年講談社が先走りしまくって発表した嘘発売日から1年と4日――――。京極堂シリーズ最新作「邪魅の雫」がついに発売!早速買ってきた。 今回は「鉄鼠の檻」や「絡新婦の理」と肩を並べるくらいのボリューム。これは読み応えがありそうだ。 しかし今月は金を使いすぎた。おかげで「ひぐらしのなく頃に 鬼曝し編」2巻と「ローゼンメイデン」7巻は来月までお預けだ。 P9270059.JPG

2006年09月23日

藤子・F・不二雄先生没後10年

まあ一つの節目とも言える今年。出版物はそこそこ充実していたかなと思う。中でも長らく絶版状態だった「みきおとミキオ」が未収録作品を1本加えて文庫化されたのは、この年に相応しいことだったと思う。一つの節目を越えるわけだし、これから絶版状態の作品を次々復刊してくれれば嬉しいんだけど…。アニメのほうでは、大長編ドラ第1作のリメイク版が公開された事が一番大きいことだったかな。反面、テレビ版のドラえもんは変なテコ入ればかりしていて呆れかえるばかり。アニメ本編の出来自体はそう悪くないから、余計に残念な感じがする。

まあ何はともあれ、とりあえず黙祷。

さて今日はF先生の作品を何か読み返すとするか。「モジャ公」あたりが手ごろかな。
posted by gm at 19:28| Comment(0) | TrackBack(2) | 藤子不二雄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

ファイヤーダグオン!この俺を使え!!

今週のボウケンジャーに、大剣人ズバーンが登場。結構前に某所のネタバレでこいつの存在を知った時から思っていたんだけど、「勇者指令ダグオン」の剣星人ライアンみたいだよな。これで声が広瀬匠(現在は広瀬裕だっけか)だったら完璧だったのに。て言うかその方が戦隊ファンも喜びそうだ。レー・ワンダでDr.ケンプでトランザだからねえ。
posted by gm at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画、アニメ、特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

コロコロ文庫「みきおとミキオ」発売

絶版で長いこと読めなかった作品が、この度ついに文庫化!早速買ってきた。

実はこの作品、今回初めて読んだんだけど、なかなか面白い。秘密のタイムトンネルをを使って、自分に瓜二つの子孫と入れ替わってみる、というストーリーにはかなりワクワクさせられるし、現代と未来のギャップも面白い。こんないい作品が何故今まで文庫化されなかったのが不思議なくらいだ。連載期間も短いし、アニメ化もされていないマイナーな作品というのが理由なのかな。
しかもこの文庫版には、過去の単行本には未収録だった作品4本のうち、「ひみつのタイムトンネル」が収録されている。この話もなかなか面白かった。ラッキョの顔とか。残りの3本は、巻末でスペシャルダイジェストとして紹介されている。ここまでするなら収録しちゃえばいいのに、と思ったりもするけど、このダイジェストで引用されているコマが、見たところ掲載誌からの復刻っぽいので、ひょっとしたら原稿が残っていないのかも。だから収録できなかったのかなあ。いずれにせよ、残念なことだ。

巻末のコラムでさりげなく日テレ版ドラえもんの事に少し触れられていたのにはちょっと驚いた。


●「結界師」13巻
「みきおとミキオ」と一緒に購入。10月スタートのアニメ版にはほとんど期待していないんだけど(色々と不安要素が多くて)、原作はそこそこ気に入っているので、単行本を買い続けている。まあ、原作も黒芒楼編が終わってからは微妙な話ばっか続いてるけど。だからこの13巻も、第121話まで読んだところで中断してしまった。まあ、後でちゃんと読むけどね。
アニメのほうは何となくアンチを増やすだけの結果になりそうな気がするんで、出来ればしてほしくなかったんだけど…。
posted by gm at 22:30| Comment(0) | TrackBack(3) | 藤子不二雄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

久々のカラオケ

今日(日付的には昨日)は、東京に住んでいる友人が久々にこっちへ帰ってきていたので、一緒にカラオケへ行った。フリータイムで5時間ほど歌ったんだが、風邪気味の喉にはちょいと辛かった。まあ、途中ちょっと歌うのを中断して、友人の持ってきたMDを聴いたり、サンデーを読んだり、少し寝たりとかしてたんだけど。

以下、自分の歌った曲リスト。記憶だけを頼りに書いているので少し抜けがあるかも。

魔法のコトバ/スピッツ
冒険でしょでしょ?/平野綾(「涼宮ハルヒの憂鬱」OP)
ハレ晴れユカイ/平野綾、茅原実里、後藤邑子(「涼宮ハルヒの憂鬱」ED)
少女迷路でつかまえて/美郷あき(「ストロベリー・パニック」OP)
秘密ドールズ/中原麻衣、清水愛(「ストロベリー・パニック」ED)
太陽のかけら/白石涼子(「ひまわりっ!」OP)
悪魔くん/こおろぎ'73、WILD CATS(「悪魔くん」OP)
12FRIENDS/Y.F ZOMBIE COMPANY(「悪魔くん」ED)
恋☆カナ/月島きらり starring 久住小春(モーニング娘。) (「きらりん☆レボリューション」OP)
BELOVED/GLAY
抱きしめたい/Mr.Children
DIVE TO BLUE/L'Arc〜en〜Ciel
ドリーム・シフト/SILK(「絶対無敵ライジンオー」OP)
Step/a・chi-a・chi(「魔神英雄伝ワタル」OP)
轟轟戦隊ボウケンジャー/NoB(「轟轟戦隊ボウケンジャー」OP)
ウルトラマンメビウス/Project DMM with ウルトラ防衛隊(「ウルトラマンメビウス」OP)
ユリア…永遠に/クリスタルキング(「北斗の拳」ED)
スーパーフェニックス〜光の世界へ〜/草尾毅(「スーパービックリマン」OP)
ウィニング・ラン!−風になりたい−/山形ユキオ(「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」OP)
shining★star/SISTER PRINCESS(PS用ソフト「Sister Princess」ED)
二人は忘れちゃう/塚本姉妹(「スクールランブル二学期」ED)
なないろなでしこ/sister×sisters(「ラブゲッCHU〜ミラクル声優白書〜」OP)
青空っていいな/堀江美都子(「ドラえもん」ED)
ハレ晴れユカイ/平野綾、茅原実里、後藤邑子(「涼宮ハルヒの憂鬱」ED)(二回目)

大体こんなところ。殆どがアニソンだけど、少しだけ一般曲も歌った。まあ、「魔法のコトバ」以外はちょっと古い曲だけど。最近の曲はサビしか知らんのが多くてあんま歌えねーや。
posted by gm at 00:17| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記、雑文等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

河童の三平(上)貸本版

これはいい本だ。本当にいい本だ。
「河童の三平」という作品自体の面白さもさる事ながら(何度も読んでいるけど本当に飽きない)、当時の貸本の雰囲気を出来るだけ再現しようとしている出版社の頑張りとこだわりが素晴らしい。ページノンブルも当時のまま(これはちょっと紛らわしくもあるけど)。そして青インクでの印刷!これだけでもかなり印象が変わりますな。新鮮な気持ちで読めた。そしてオリジナルの表紙もカバー、表紙、裏表紙、扉で再現。カラーページもそのまま収録。2,625円という価格も内容を考えれば決して高くはないと思う(まあ安くもないけど)。

チクマ秀版社は、「悪魔くん世紀末大戦」を復刊してくれただけでも神出版社だというのに、更にこんな素晴らしい仕事をしてくれるとは。もうこの会社のある方角には足を向けて寝られない。

そして先日、また色々と本を買ってきた。
P9060058.JPG
結局、文庫版「墓場鬼太郎」も買っちった。予想通り中身は9年前に出たやつと全く一緒だったが、読み返すにはいい機会かな。でも置き場所がもうないや。どうしよう…。
「刑務所の中」っていつの間にか文庫化されてたんだね。つい買っちまった。

さて、「ミス・ドラキュラ」3巻は未だ見つからず…。そして、角川ソフィア文庫の「桃山人夜話」も無性に欲しくなってきたから探しているんだが、これも見つからん。

2006年09月03日

その ドラえもんの誕生日に…

ドラえもん誕生日おめでとう。

それに合わせて(?)本屋でいろいろと買ってきましたよ、と。

P9030056.JPG

「ドラえもん カラー作品集」6巻は昨日発売されたんだけど、あえてドラえもんの誕生日である今日購入。…ってのは言い訳で、実は発売日を今日だと勘違いしてました。同時にまだ買ってなかった本をいくつか購入。
もん・りいぶる「河童の三平 貸本版」上巻(期待以上にいい本だった。青インク印刷がいい感じ出してる)
ぴっかぴかコミックス「ドラえもん」13巻(8月1日に出たのに買いそびれていた)
ぴっかぴかコミックススペシャル「怪物くん 怪物ランドへの招待」
ガンガンコミックス「ひぐらしのなく頃に 暇潰し編」1巻(ひぐらしのコミックスは一通り買っているけど、これはどうも絵が好きになれん)

ジュンク堂難波店で「ミス・ドラキュラ」の3巻が見つからなかったのは予想外。さて、どこで買えばいいんだろう。梅田まで行かないといかんかな。天王寺でもいいかな。近所の本屋は全滅だしなあ。

「ドラえもん カラー作品集」は6巻でひとまず完結のようで残念。未収録作品を多数読めるいいシリーズだったのになあ。

これらの本を買った後、日本橋をぶらぶらしてたんだけど、「おたくの殿堂」の店内で、「あの頃のように」(「水色時代」ED)が流れていたので、聴き入ってしまった。懐かしいなあ。それにしてもいい歌だね、これは。
posted by gm at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤子不二雄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。