2007年04月14日

ゲゲゲの鬼太郎(第5部)第1話「妖怪の棲む町」

ようやっと関西でも鬼太郎の放送が始まった。第1話くらいはリアルタイムで観ようかなとも思ったんだが、無理でした。つくづく朝に弱い人間だな俺は。でもさー、子供向けアニメとしてこの放送時間は間違ってると思います(これは読売テレビのアンパンマンにも同じ事が言えるけど。つーかあっちのほうが酷いよな)。


まあそれはともかく、第1話を観て感じたことを色々と。

まずはキャラの声について。鬼太郎は、予告の段階ではどうしてもコナンの顔が浮かんできたんだけど、意外なことに今日はほとんどコナンだと感じることは無かった。これは自分が完全に話に見入っていて、観ている間はコナンの存在自体を忘れていたからだと思う。目玉おやじは、予告の時は辛そうに感じて不安だったけど、本編では全然違和感がなかった。唯一人アニメ全シリーズに於いて声優さんの変わっていないキャラだけあって、安心して聴けますね。ネコ娘は前作の西村ちなみに近い感じかな?凶暴バージョンもしっかりと演技できていて一安心。ねずみ男も違和感はないんじゃないかな。砂かけばばあはとぬりかべは前作と同じキャストなので当然のように問題なし。一反もめんも第3部と同じキャストなので、これも問題なし。それどころか非常に懐かしい感じがしました。子泣きじじいはキャストが発表された時に予想していたものとほぼ同じ演技。合っていると思った。

次にOPとEDについて。OPはアレンジや歌い方は第3部に近いかな。泉谷しげるの歌声も違和感は無かった。尺の都合か、1コーラスしか流れなかったのは残念。これはずっとこうなのかな。OPアニメに映っていたぬりかべの奥さんと子供たち(?)が気になる。EDの「ウラメシ夜」はどんなものになるか不安だったけど、なかなかいい感じだった。妖怪っぽい感じは出ているし、子供にも覚えやすそうな曲だった。長井秀和の歌い方もいい感じ。

最後に本編。冒頭の語りからこれでもかと言うくらい「おどろの世界」を表現していましたね。こういう雰囲気はいいと思うんだけど、今回はちょっと演出過剰だったんじゃないかと思う。特に最後のほうの目が光っているところとか。この辺はもうちょっと抑えてほしいところ。
話の内容は、子供たちがいたずらで水虎の封印を解いてしまって、その子供たちが次々に水虎に襲われていって、それを知ったネコ娘が鬼太郎に知らせて、鬼太郎たちが水虎を退治して再び封印するといった感じ。
おばばの砂で水虎が水分を吸われていくところを見て、ナメクジみたいだなと思った。その後雨が降ってきたシーンは、タイミング良すぎだろwと思いつつも「これはまずいな」とハラハラさせられた。
鬼太郎が少年を囮にして水虎をおびき寄せたり、最後には子供たちをちゃんと戒めたりと、単純な正義の味方(人間の味方)じゃないキャラとして描かれているのには好感を持った。これでもかと言うくらい鬼太郎が正義のヒーローに徹していた第3部もエンターテイメントとしては面白いとは思うけど、個人的には今回のこういう感じのほうが好きだな。
サブタイトルや敵妖怪の名前に使われてる字もなかなかよかった。そういえばPS用ソフトの「ゲゲゲの鬼太郎 逆襲!妖魔大血戦」では、妖怪の名前にこんな感じの字体が使われていたような。
第1話は視聴者に対してキャラ紹介的な役割も持っているからなのか、説明的な台詞が多いのがどうも気になったけど、これはまあ仕方の無いことだな。

さて、待望の鬼太郎新作アニメなわけだけど、多少気になるところはあったものの、個人的にはなかなか楽しめるものになっていたと思う。これは来週以降も楽しみだな。ただ、このブログで感想を毎週書くかどうかはわからない。第1話くらいはちゃんと書くべきだろうなと思って書いたけど、正直13日遅れだと、13日前に関東で放送されたアニメの感想を今更書くのもなあ、という気になっちゃうんだよねえ。自分が言いたいようなことは、他の人が散々書いちゃってるからなあ。この辺やっぱ遅れネットは辛いな…。

2007年04月09日

ぼくらの

正直観なきゃよかった…。

このまま観続けたら鬱になるのは間違いなさそうなのに、あまりにも面白くて続きが気になるじゃないか。
何か雰囲気的にノエインに似たものを感じた(話の内容自体は全然違うんだけど)。ノエイン好きだったからなあ。このアニメに惹かれるのも当然か。

まあ、せっかくの関西最速放送アニメだし、観続けてみるか。出来れば今期は鬱になるようなアニメは避けたかったところだけど…。

今期は今のところこれとグレンラガンとタートルズとなのはが面白いな、個人的に。
posted by gm at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画、アニメ、特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ゲゲゲの鬼太郎 異聞妖怪奇譚」2周目クリア

…本当は木曜日にクリアしていたんだけど、書くのを忘れてた。

1周目はエンディングAルートだったので、今回はBルートに進んでみたんだけど、なかなかキツい戦いでやり応えがあった。第21話と最終話にはかなり精神も体力も消耗させられた。特に第21話のラ・セーヌとエリートのステージは悪質すぎる。蝙蝠を全部倒さないと、超音波瞬間移動装置を使われて、ラ・セーヌとエリートにダメージを与えられないし、吸血鬼や蝙蝠の他にこうもり猫やカリーカもいるし、途中で猫娘は強制リタイアさせられてしまうし(ラ・セーヌが猫娘の血を吸うという鬼太郎ファンがニヤリとする展開があるのはいいけど)。最終血戦も、ギーガの回復(これはAルートにもあったけど)や、ドラキュラとチーとヴォジャーイのコピー軍団がキツかった。猫娘もリタイアさせられたままだったし。ギーガが劣勢になると、鬼太郎ファミリーのコピーまで出てきたけど、こいつらは弱かったので大した脅威にはならなかったな。
シナリオ面では、Aルートではどんな状況でも鬼太郎は挫けなかったけど、Bルートでは正義のために戦うことに疑問を感じて、「僕はもう疲れた」とか言い出す鬼太郎が見られて、なかなか面白かった。その後、親父やルカちゃんの叱咤激励で戦う気力を取り戻していく展開はなかなか燃えましたな。

さて、2周ではまだ全シナリオをクリアできていないので、3周目もプレイしたほうがいいんだろうけど、最終血戦で疲れたので、3周目をプレイするのはしばらく先になりそう…。

2007年04月07日

「ケロロ軍曹」土曜朝に里帰り

正直アニメのケロロは二年目からはほとんど惰性で観ているような状態(三年目なんて完全にきらレボのついでだったからなあ。きらレボもアニヲタの間ではあまり評判よくないけど、個人的には結構楽しんで観ている)だったので、時間移動を機に切っちまおうかとも思ったんだけど、つい今日も観てしまった。その理由は、「ケロッ!とマーチ」の復活が嬉しかったから。
実際に聴いてみると、今回のバージョンは歌詞も歌い手も微妙だったけど、やっぱケロロの主題歌はこれが一番しっくり来る。まあ、タイアップまみれだった二年目三年目のOP/ED曲も、「君にジュースを買ってあげる▼」と「永遠に」以外は多少なりともケロロの主題歌だという事を意識して作っている感じはしたので個人的にはそんなに嫌いでもなかったんだけど、やっぱ一年目の主題歌が正統派のアニソンって感じだったから、どうしても低く評価してしまっちゃうんだよね(もし一年目の主題歌が「全国無責任時代」だったら、この歌もそんなに叩かれていなかったんじゃないかなあと思う。歌詞のいい加減な感じはケロロのキャラクターに結構合ってると思うし。曲調はアニヲタ受けするものじゃなかったかも知れないけど)。

本編はまあまあ面白かったと思うんだけど、何か物足りない感じがした。二年目以降の毒が抜けちゃった感じはそのままだし、原作のストックも少ないから四年目もオリジナル話がメインになるだろうし、このまま見続ける必要は無いかなあ。もう気が向いたときだけ観るとかそんな感じでいいかも。
校舎からロボが出てきたのはやっぱライジンオーのパロなのかな?あのロボのコンセプト自体はトランスフォーマーのサウンドウェーブのパロっぽいけど。いや、胸のハッチの形状や足のスピーカーなんかを見る限り、どっちかと言うとブロードキャストか?

そういや来週からやっと鬼太郎第5部がこっちでも始まる。楽しみだなあ。
posted by gm at 21:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 漫画、アニメ、特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

少年マガジン/オリジナル版 ゲゲゲの鬼太郎

すごい!初出時の扉絵完全収録、単行本化時にカットされたコマも収録、そして台詞も初出と同じものに戻されているではないですか(扉絵や単行本未収録ページなんかは雑誌から復刻)。出来るだけ初出に近付けていて感動した。「妖怪獣」なんか、単行本と一コマ一コマじっくり見比べてしまった。こういう本をずっと待っていたんだ。こんな素晴らしい本が出たのも、アニメ化&映画化のおかげなんだろうな。アニメ化バンザーイ!映画化バンザーイ!!
…ただ、現在ではマズいとされる表現を含む台詞は改竄されていて残念。まあこれは仕方ないんだろうなあ…。講談社は大手だし、そういうリスクは避けたのだろう。
でもこの本は鬼太郎ファンなら間違いなく「買い」です。

2007年04月02日

なのは視聴大作戦

室内アンテナを自室のテレビに接続してみたら、KBSがザラザラとは言え見れなくもない受信状態だったので、これで観てみることにします。やっぱファミ劇の約2週遅れは辛いので…。遅れまくりなのはひだまりスケッチとゲゲゲの鬼太郎だけでたくさんだ。

話は変わるけど、今日始まった「ミュータントタートルズ」を観てみた。子供の頃結構好きだったから懐かしさで観てみたんだけど、白目の絵にはどうも違和感を覚えるなあ。こっちのほうが原作に近いってことは知ってるんだけど、やっぱ自分の中では子供の頃観ていたあの愛嬌のあるデザインのイメージが強いからなあ。あと主題歌もこれじゃないと何となく調子狂うね。まあ、なんだかんだ言いつつも結構面白かったから来週も観るけど。

(04/04追記)
室内アンテナ受信でなのはStS第1話を観てみた。受信状態はこんな感じ(テレビ画面を携帯のカメラで撮ったものなので見づらいかもしれないけど)。
no-title
posted by gm at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画、アニメ、特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。