2009年02月20日

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」公開日決定

6月27日公開だそうです。前作から予想以上に間が空いたなあ。このペースだと完結するのはいつの事やら…。マジで2015年になるんじゃ。
今回は大阪での上映館が増えているので見やすくなりそう。

あと、「序」の新作カットを追加、デジタルリマスター版『「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」EVANGELION:1.11 YOU ARE (NOT) ALONE.』のBlu-ray&DVDが5月27日に発売とか。まあこういうのを出してくることは予想できる範囲ではあったのかも知れないけど、「序」のDVDを買った身としてはきっついニュースだなあ。
posted by gm at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画、アニメ、特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

ゲゲゲの鬼太郎(第5作)第93話「おばけビルの妖怪紳士!」

4月からフジテレビ日曜朝9時の枠で「ドラゴンボールZ」の再編集版が放送されるらしいけど、鬼太郎は一体どうなるんだ。ぬらりひょん一味や西洋妖怪や中国妖怪との決着もまだまだ付きそうにないし、四十七士も全員覚醒していないので、このまま中途半端に終わることになったら勿体ないよなあ。

さて今回はだるまの話。原作でも重要なファクターであった「存在しない四階」をこれでもかと強調していましたね。それを利用して怪奇ムードたっぷりの演出を見せてくれて個人的には大満足。それでいてギャグもありで楽しいお話でした。大量の子だるまだとか、四階にいる妖怪たちが原作と同じ面々だとか、煙で外に誘い出すなど、原作リスペクトの部分もありで好感度大。弱点は心臓の子だるまではなく、笑いのツボに変更されていたけど。まあ朝のアニメだとこれくらいにしておいたほうがいいのかな。笑いを限界までこらえた結果、真っ白になっていたけど大丈夫なのか?結局最後まで真っ白のままだったし。

次回は南方妖怪の出てくるお話。こいつら面白いから大好きだわ。その上アカマタとシーサーも出てくるってんだから楽しみにせざるを得ない。

2009年02月07日

緑の巨人伝テレビ放映とか

まあ、「緑の巨人伝」の感想は劇場で観た時に書いたし、今回改めて観ても印象は変わらなかったんですが。今回感じた事を強いて言えば、やっぱ話が分かりにくくてドラえもんの映画としては個人的には無しだなあとか、ちょこちょこカットされて余計に駄目になってて劇場やDVDで観ていない人はさらに低い評価しそうだなあとか、リビングの液晶テレビで観たので「おお、映像が綺麗だすげえ」と思ったとかまあこのくらいか。

で、緑の巨人伝が個人的にあまり楽しめなかった出来だけに、F先生の原作がある今年の「新・のび太の宇宙開拓史」は楽しめる出来ならなあと期待しています。キャストに関しては前に書いたクレムとモリーナの他に、ダウトとウーノをチュートリアルロップルを櫻井智が演じることが判明。櫻井智とは予想外。この人の少年声って聴いたことないなあ。道理で予告で声を聴いても誰なのかわからなかったわけだ。
posted by gm at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤子不二雄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。