2010年03月02日

「恐怖の遊星魔人 限定BOX」発売!

2月27日には店頭に並んでいたので、その日に購入しました。
外箱.JPG

複製コマ画.JPG
特典その1の複製コマ画3枚。

東スポまんが展.JPG
特典その2の東スポまんが展四コマ漫画全集。

解説小冊子.JPG
特典その3の解説小冊子。執筆者は京極夏彦、出久根達郎、佐野史郎、呉智英の4人。

恐怖の遊星魔人.JPG
本体。

水木ファンとしては一時は幻と言われていたこの作品を一度は読んでみたいと思っていたので、今回の復刻は非常に有難かったです。作品の希少価値を抜きにして見ても、しっかりと面白い作品になっているので満足度高し。絵柄や漫画のジャンルは後期の作品とは違っていても、作品から感じられる味わいは紛れもなく水木作品ですね。
「恐怖の遊星魔人」も面白いのですが、個人的には「東スポまんが展」の4コマがそれ以上に面白い。風刺が効いていて、水木先生の風刺漫画の面白さを改めて実感。

(おまけ)購入した当日のツイッターでのつぶやきを転載。

「恐怖の遊星魔人」読んだ。物語のスケールの大きさの割に終わり方があっさりしているのは同時期に描かれた「怪獣ラバン」なんかもそうだったな。もっと後の作品でも「宇宙卵」なんかはそんな感じだね。
8:47 PM Feb 27th via web

そう言えば紙芝居時代の鬼太郎作品に「ガロア」というタイトルのものがあるようだけど、これは「恐怖の遊星魔人」の前身だったりするのだろうか(「恐怖の〜」にはガロア星が出てくる)。
8:55 PM Feb 27th via web
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。