2010年05月28日

「ジャングル黒べえ」復活!

5月25日、藤子・F・不二雄大全集「ジャングル黒べえ」と「海の王子」3巻が発売されました。

「海の王子」3巻は、全編単行本初収録作品で構成されており、大注目の1冊ではあるのですが、それ以上に注目すべきは「ジャングル黒べえ」。黒人差別問題で単行本が絶版になってから20年あまり、遂に待望の復活です。

今回のF全集版は、F先生が執筆した69話分を完全収録。過去に出版されたてんとう虫コミックス版(「バケルくん」2巻巻末に10話収録)、藤子不二雄ランド版(36話収録)よりも遥かに充実した内容になっています。自分は今まで「ジャングル黒べえ」は「バケルくん」2巻の巻末に収録されていた10話分しか読んだことがなかったので、ほとんどが未読作品。かなり新鮮な気持ちで読むことができました。ただ、ページ数の少ない話が多いので、すぐに読み終わってしまい、物足りない気持ちもありました。とは言え、こんな気持ちも、完全収録の単行本が出たからこそ味わえるものなので、読むことすら困難だった少し前までの状況から考えるとかなり贅沢なものですねw
ついにこの作品が日の目を見ることができたことを喜ばしく思います。

(余談)F全集版では、「しゅう長」という言葉がすべて「王様」に修正されていますが、巻末資料の中には「しゅう長」という表現がそのまま残っています。いや、そこOKなら本編中のセリフもそのままでええやん…。
posted by gm at 00:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 藤子不二雄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 本屋に「ジャングル黒べえ」が並んでいるのがいまだに信じられない気分です。同時期にでた「怪物くん」のベストセレクション版が一緒に並んでいたりして、なんだか無駄にテンションが上がってしまいました。
Posted by どぶろく at 2010年05月29日 11:25
>どぶろくさん
>同時期にでた「怪物くん」のベストセレクション版が一緒に並んでいたりして

F全集の刊行と「怪物くん」ドラマ化効果で、夢のような本の並びを現在の本屋で見ることができるようになるなんて、1年ちょっと前までは思いもしなかったことですね。本当に素晴らしいことです。
Posted by gm at 2010年05月29日 13:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。