2010年08月28日

ゲゲゲ展へ行ってきた

阪神百貨店梅田本店で開催されている「水木しげる米寿記念 ゲゲゲ展」へ行ってきました。いやー、人多かったですね。これもドラマ効果なのでしょうな。水木しげるに注目が集まるのは嬉しいことですが、ああも混んでいると疲れますわいw
展示についてですが、漫画の原画が鬼太郎・三平・悪魔くんの三大作品に絞っていたのは寂しいと思うも、ドラマで水木作品に注目が集まる中での開催ならばこの方がライト層には分かりやすいのかもしれませんね。「糞神島」の原稿が展示されてても一般人は唖然とするだけでしょうしw 「あいつのまいたタネだ あいつにからせよう」のシーンで三平の背中に青鉛筆でランドセルが描かれていたりとか、原画でないと分からないようなことも見られるので一見の価値あり。そして妖怪画の原画はただただ震えます。それにしてもみんな点々に注目しすぎw いや、確かに凄いのですけどね。
貸本漫画の原本展示もあり。墓場鬼太郎シリーズが刊行順に15冊全部並んでいるのを見るのは初めてかも。

鬼太郎茶屋では何を食べるか少し迷った末、妖怪クリームあんみつを注文。甘いですねえ、黒蜜が。

物販コーナーでは妖怪舎の原作フィギュアシリーズ「バナナ」とか、そう言えば持っていなかったなと思ってちくま文庫の「妖怪天国」とか、その他いろいろ購入。会場内の混雑もなかなかでしたが、個人的にはこっちのレジ待ちの列に辟易しました。

その後はまんだらけとかヨドバシとか適当に梅田を周ってから帰宅。ちょっと行かない間にまんだらけの3階の売場配置が少し変わってました。CDやDVDの品揃えが前よりしょぼくなったような…。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。