2008年04月04日

きらレボ3年目は衝撃的な内容

3Dアニメになるってことは知ってたけどさあ…あまりにもクオリティが低すぎやしないか。動かなさすぎだし、影の付け方おかしいしなあ。そこに違和感を覚える。絵自体はそのうち慣れると思うんだけど。
あとSHIPSの声が変わったのがショック。プロの声優じゃないから先代の陶山章央&保志総一朗とのギャップが激しすぎる。おかげで久住小春の演技がかなりうまく感じる。まああの娘は第1話の頃と比べてかなり成長してはいるんだけどね。

かなり不安を覚える1話目だったけど、監督がふじもとよしたかになったので、ちょっと期待している自分もいる。この人ならばこんなアニメでも笑って楽しめるような作品にしてくれるはずだ。


posted by gm at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画、アニメ、特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。