2007年12月18日

「ひぐらしのなく頃に」アニメ第3期制作決定

「ひぐらし解」最終話、まさか「お子様ランチの旗」までやってくれるとは。隠しエンディングなのに…。しかしアニメ版では今までフレデリカとかの説明を全然やってなかったから、いきなりあれを見せられてもアニメ組はちんぷんかんぷんなんじゃなかろうか。

さて本題、ひぐらし第3期の制作が決定

祭囃し編で完結したのに一体何をやるというんだ。やはり「ひぐらし礼」の「賽殺し編」だろうか。そして「昼壊し編」と「罰恋し編」か?でも「昼壊し編」は大人の事情が絡んでアニメ化は無理かもね。あとは「鬼曝し編」や「宵越し編」といった漫画版の外伝作品もアニメで見てみたい。でもこれをやるとレナとかが出てこなくなるんだよね…。
PS2版オリジナルシナリオは…、別にいらんな。祭囃し編までやったのに今更あれをアニメ化されても困る。
posted by gm at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ひぐらしのなく頃に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

「ひぐらしのなく頃に解」第12話、無事放送

先週起きた某事件の影響で、地上波でネットしている各局が「School Days」最終話の放送を、東海テレビとKBS京都が「ひぐらしのなく頃に解」第12話の放送を自粛したので、果たして我らがサンテレビではひぐらし12話を無事放送してくれるかどうか心配だったわけですが、一部修正して同日放送のテレ玉、チバテレビともに無事放送されて一安心。
みんな放送されるまでかなり不安だったようで、アニ関にはこんなAA↓まで貼られていて吹いた。            

                    / ̄ ̄ ̄ ̄\_      、ヽ l /
                  .>'           ヽ    = お   =
                    /   ,z≦ニ 、 ,.ニ≧、'.  ニ= っ そ -=
                 i====! rェュ }ー{ rェュ i=i  ニ= サン れ =ニ
                |     、__,.イ ト、__.' |   =- な. で -=
  、、 l | /, ,         !      ,. (,、_,、) 、   !|  ニ .ら. も ニ
 .ヽ    お ´´,      ..、     / 竺竺竺 }  /    ´r :   ヽ`
.ヽ し き っ ニ.    /|{ィ\   `ー一´  / |   ´/小ヽ`
=  て っ サ  =ニ /:.:.::/   丶、____/ヾ   /
ニ  く. と ン  -= ヽ、:.:::::::ヽ、._、  _,ノ/.:::::| | /
=  れ.何 な  -=   ヽ、:::::::::\、__/::.z先.:| |'
ニ  る と ら =ニ   | |:::::::::::::::::::::::::::::::::::.|'夂.:Y′
/,  : か   ヽ、    | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::_土_::| 



修正箇所は、OPの血塗れの鉈のカットがゴミ山に差し替え、あとは梨花ちゃまが雛見沢症候群の説明をしてる時の過去の惨劇の回想シーンにて、レナが鉈を使用しているシーンが別のシーン(おそらくレナと母親が会話しているシーン)に差し替えられたものと思われます(まあ、ほんの一瞬だけ鉈が映っちゃってますが)。
正直なところ、放送を観てみると、修正箇所を差し引いても放送自粛するほどの内容でもなかったような気もするんですが…(まあ事件が起きたのが京都なのでKBS京都だけは慎重になりすぎたのも仕方ないかも)。東海テレビは事件直後の放送ってのがやっぱ痛かったかな。て言うか、「さよなら絶望先生」最終話のほうが遥かにヤバかったと思うんですが…。

しかし、アニメイトTVで配信されている次回予告では、レナが鉈を使って山狗と戦っているシーンが見られるんですが…。これは大丈夫なのか?悪者と戦うシーンだから凶器を使用しても問題なしだったりするのかな。
それにしても次回はよく動きそうだ。これは見応えがありそうだな。祭囃し編もこれくらいのクオリティで製作してくれたらかなり燃えるものになるかもしれにゃい。

あとはスクイズ最終話がどうなるかだな。AT-Xでは放送されるっぽいけど見れないからなあ。地上波では未放送のままで終わるという最悪の事態は避けてもらいたいもんですが…。このままだとマジで生殺し状態だぜ。





(実況に関する話)
無事放送されたのが嬉しいのはわかるけど、おまいらはしゃぎすぎやで。
796 名前:LIVEの名無しさん[] 投稿日:2007/09/25(火) 03:42:44.70 ID:cHPRDrDH
今日のレス数(先週)

絶望先生 3000(1630)
もえたん 2750(2260)
ひぐらし 2700(1300)
ブザービーター 170(700)
エンジェルハート 160(510)
シティーハンター 1350(1000)

今日は12スレ消費
KBSらきすた枠は今日はアニメ無し(先週2800)


まあ先週金曜にKBSでのエア実況でやたら盛り上がるような連中だから仕方ないがな。
609 名前:LIVEの名無しさん[] 投稿日:2007/09/22(土) 04:10:01.18 ID:c/pGbMh0
今日のレス数(先週)

ロミジュリ 700(750)
スティグマ 920(880)※最終回
桃華月憚 1700(1350)
ひぐらし 休止(1050)※エア実況1100
瀬戸の花嫁 2500(2300)
School Days 休止(4500)

今日は9スレ消費

(追記)
AT-X版とテレ玉版の違いが2ちゃんねるで解説されていたので転載。
704 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で [sage] 投稿日:2007/09/26(水) 11:03:01 ID:GYh+spqw
AT-Xとテレ玉の違い

回想シーン
圭一に馬乗りになって鉈を振り上げるレナ →首の蛆虫と レナの泣き顔に差し替え
血の付いた斧 → 沙都子の顔に差し替え


なるほど、修正箇所はここだったか。
posted by gm at 14:57| Comment(0) | TrackBack(3) | ひぐらしのなく頃に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

ひぐらしのなく頃に解 第3話「厄醒し編 其の弐 無力」

実は第3話はKBSで金曜深夜に既に観てたんだけど、KBSは映りが悪いし、録画もしてなかったから細かいところを見返したりとかできなかったので、サンテレビで放送されるまで感想を書くのを控えてました。

厄醒し編は結構スローペースですね。一期だとシリーズの二話目でもう日常が崩れ始めてたと思うけど。まあ来週には富竹が死ぬでしょう。予告を観る限りでは綿流しの話っぽいし。

さて今回の見どころはなんと言っても亀田くんの登場ですね。一期の崇殺し編では草野球のシーンがカットされたせいで、彼がまったく登場しませんでしたが、ついに厄醒し編でそのシーンをアニメ化してくれました。ちゃんと圭一の口先の魔術師も再現してくれたし大満足。あとは沙都子の神トラップが裏山に多数仕掛けられていることをどこかで説明してくれれば、皆殺し編・祭囃し編への準備はバッチリになるかな。あ、鬼隠し編のおはぎや注射器の真相も、アニメの罪滅し編ではかなり説明不足だったから改めてどこかで説明しておいてほしいですね。

そして、もうひとつの見どころは羽入が喋ったということですかね。まさかもう彼女の声が聴けるとは思わなかったので驚きました。まあできれば皆殺し編まで彼女の存在は完全に隠しておいてほしかったと思ったんだけど、よくよく考えると、原作でも罪滅し編のTIPSで会話シーンがあったから、それと同じようなものか。あと、缶蹴りの圭一とレナのシーンで変な輪郭線が心霊写真のように映っていて、それが羽入じゃないかと某所で言われたりしてましたが、まああれは魅音か詩音で、色を塗り忘れたとかでしょう、多分。

いやあ、ひぐらし解は今のところ、原作厨の自分が一期よりも遥かに楽しめているクオリティの高いアニメなので、ついつい毎週感想っぽいものを書いてしまいますね。
posted by gm at 19:27| Comment(2) | TrackBack(3) | ひぐらしのなく頃に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

ひぐらしのなく頃に解 第2話「厄醒し編 其の壱 鬼ごっこ」

なんか二期は一期に比べて全体的にクオリティ上がってますね。ED見たら原画多いし。

梨花の一人会話(実際は羽入と会話しているわけですが)からスタート。このシーンは原作だとたしか罪滅し編のTIPSにあったかな。
そして翌朝、栄養剤の研究のために沙都子が腹部に注射しているシーンが。ここで沙都子の注射シーンを入れてきたか。原作だと皆殺し編まで沙都子が注射しているシーンは無かったけど、皆殺し編では今まで描かれていなかった真相がたくさん登場するから、アニメではワンクッション置くために厄醒し編で登場させたってことなのかな。
そして、学校のシーンでは沙都子のトラップとそれに引っかかる圭一といういつも通りのシーンと、今までとは違ってそこに混じっている詩音が。詩音が沙都子の面倒を見てるのって、完全に皆殺し編と被ってるんですが。うーむ、厄醒し編がどういう展開になるのか予想できない。とりあえず惨劇フラグがひとつ回避されているのはわかるけど。
そしてゾンビ鬼のシーン。ゾンビ鬼は確か原作にもあったはずだ。見覚えがある。鬼隠し編だったかな?これは原作の部活パートのノリが再現されていて、面白かった。やっぱひぐらしにはこれがないと。最初にこういうのがあって、後半で一気に落とすから、ひぐらしは怖いんですよ。だから、部活パートを丁寧に描いていたのには好感が持てる(原作未プレイの人はこのノリに戸惑うかも知れないけど)。前作は部活パートが少なめだったから物足りなかったし。しかもアニメは原作と違って喋って動くから、部活パートの楽しさ倍増ですよ。
そして罰ゲームのため恥ずかしい恰好をして下校する圭一・沙都子・梨花。ここで入江先生が登場して彼がメイド属性の持ち主だと明かされる。これはアニメ祭囃し編でメイドインヘブンがちゃんと描かれるという伏線ですね?そう信じていいんですね?そして富竹と鷹野登場。鷹野さんが連続怪死事件のことを口にすると、一気に場の空気が悪く。その後、魅音たちが圭一に連続怪死事件のことをちゃんと説明して、今まで隠していてごめんと謝るが、圭一はそれを別にいいよと言ってサラリと流す。また惨劇フラグがひとつ回避されましたね。ますます今後の展開の予想が付かん。
というわけでアニメオリジナルストーリー「厄醒し編」の1話目だったわけですが、かなり楽しめました。オリジナルストーリーのため、一期のように駆け足気味になることも無く、部活シーンもたっぷり描かれていたので、1期を観ていた時のような不満はほとんどありませんでした。ひぐらし二期は全24話で、厄醒し編は2〜5話らしいので、おそらく皆殺し編が6〜14話の全9話、祭囃し編が15〜24話の全10話になると思うので、原作付きの話はどちらもそれなりにじっくりと描かれそうですね。ひぐらし二期は今後も非常に期待が持てそうなアニメです。

web限定の次回予告を観ると、次回はいよいよ亀田くんが登場するようだ。ついに亀田くんがアニメで見られると思うと非常に楽しみです。
posted by gm at 17:04| Comment(0) | TrackBack(7) | ひぐらしのなく頃に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

ひぐらしのなく頃に解 第1話「サイカイ」

今回は○○編という位置付けがありませんでしたが、原作罪滅し編読了後に出現するTIPS「悪魔の脚本」に大人レナを登場させるなどのアレンジを加えたような内容でしたので、強いて言えば「罪滅し編 其の六 サイカイ」となるのかな。それにしても、アニメ罪滅し編でカットされてしまった注射器のシーンを大人レナの回想という形で入れてくるとは思わなかった。1期でカットされてしまった重要シーンを補完してくれるのはいいことだ。噂によると、来週から始まる「厄醒し編」も、1期でカットされた重要要素を補完するような内容になるらしいですね。web限定公開の次回予告には、「罪滅し編」のTIPSにあった梨花がワインを飲んでいるシーンがあるし、先行場面カットには亀田くんが登場してるし。亀田くんは「皆殺し編」において重要な役割が与えられているキャラなので、登場させておかないといけないキャラだからなあ。アニメ崇殺し編で亀田くんのシーンがカットされたときはアニメ版スタッフに対して憤りを覚えたものさ。あとは圭一の口先の魔術師と沙都子のトラップワークあたりも登場させてもらわないといけないな。これらがないと「皆殺し編」や「祭囃し編」が成り立たなくなるし。ひょっとしたら「厄醒し編」の出来によっては1期に対する不満もだいぶ解消されるかもしれない。

OPは梨花をフィーチャーしたものになってますね。ひぐらしの本当の主役は彼女なので、これは当然ですな。「解」には怖いシーンはないので、曲もあんな感じでいいと思う。EDはなんか百合っぽかったですね。
ただ、(以下ネタバレっぽいので反転。原作未プレイの方は、皆殺し編の1話目を観てから読んでください)OP・EDに羽入を出しちゃってるのはどうなんだろうか。彼女は存在自体がネタバレみたいなキャラなので、皆殺し編までは存在を隠しておくべきだと思うんだけど。なんか公式サイトや予告にも普通にいるけど、大丈夫かね。
羽入と言えば、OP最後の梨花の手招きは羽入に向かってしているものなんだろうなあ。原作未プレイ組の目には視聴者に向かってしているように映りそうだけど。



ついでに、「もえたん」第1話の感想も少し。いんくが「パステルいんく」に変身して、ナオくんに英語を教えるという展開は原作と同じだけど、アニメオリジナルのライバルキャラとかもいるし、オリジナル要素もかなり多そうですね。OP(第1話ではEDになってたけど)を観ると、バトル展開もありそうな予感もするし。まあ、原作のストーリーパートはそんなに長くないので、オリジナル展開を入れまくらないと1クール持ちそうにないしね。あと、ぺんくんとむにさんはアニメには登場しないのかな?
とりあえず変身シーンは原作に忠実でした(この画像は昨夜某所にもアップしたけど)。
P7100203.JPG
とんだ変態ロリアニメだな。
posted by gm at 17:42| Comment(0) | TrackBack(2) | ひぐらしのなく頃に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月26日

「ひぐらしのなく頃に解」放送日時決定

http://www.famitsu.com/anime/news/2007/05/22/681,1179831451,72090,0,0.html

KBS京都:2007年7月6日(金) 26時30分〜
サンテレビ:2007年7月9日(月) 26時10分〜
チバテレビ:2007年7月9日(月) 26時10分〜
テレ玉:2007年7月9日(月) 25時30分〜
tvk:2007年7月14日(土) 25時30分〜
(放送局・放送時期は予告なく変更される場合がございます)

AT-X:2007年7月11日(水)より
(水)9時30分〜、20時30分〜
(土)14時30分〜、24時30分〜

一期に引き続き関西最速キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!! KBSだけど…。関西テレビはやっぱ無理だったか。あるある事件で関テレは民放連除名されちゃったからね…。幹事局にはなれないよなあ。そもそも一期の枠はアイマスで塞がってるし。

アニメオリジナルストーリーの厄醒し編がどんな内容になるのかちょっと楽しみ。原作が無い分、一期の時みたいに「おいおいそこは端折っちゃいかんだろ」というような不満は生じないから、その点では安心して観れそうかな。皆殺し編と祭囃し編は…、原作からして少々アレな展開だから(と言いつつも個人的には嫌いじゃない)あのスタッフによるアニメ化にはあまり期待しないでおこう。あ、でも祭囃し編はアニメで動いているのを見るのは楽しいかもしれない。

そういやPS2版ひぐらしをまだクリアしてないなあ。まだ祟殺し編の途中なのに、プレイ時間が35時間になっている。PC版と違って音声が入っている分、時間がかかってしまうなあ。全編クリアするのに100時間以上かかるらしいけど、アニメが始まる前に終われるかなあ…。

(追記)
最速は東海テレビになっちゃいました…orz
posted by gm at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ひぐらしのなく頃に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

アニメ版ひぐらしの目明し編が終わったわけだが…

もしかして、ひぐらしのアニメには何も期待してはいけないんじゃないかってようやく気付き始めたよ。6話も使って何?この出来は。

そして、次の「罪滅し編」は5話しかないもんなあ。
posted by gm at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ひぐらしのなく頃に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

「ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編」感想

長かったね。皆殺し編よりも長い。プレイ時間は16時間くらい。

続きを読む(注:ネタバレあり!)
posted by gm at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ひぐらしのなく頃に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

「ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編」到着!

とらからようやく届いた。ひょっとしたら明日になるんじゃないかと思っていたんだけど、結構早く届いた。昨日は軽く文句言っちゃってごめん。

P8140053.JPG
先着予約特典の鉈バルーンもしっかり付属。

P8140054.JPG
さて、これを持って「あはははは」と笑いながら誰かを追っかけてみるとしますかね(笑)

早速プレイしてみます。今夜は徹夜だな。
posted by gm at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ひぐらしのなく頃に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

ひぐらしのなく頃に第17話「目明し編 其の弐 ケジメ」

えーと、叔母殺しの犯人って悟史で確定なの…?原作では黒に限りなく近いものの、まだ悟史が犯人だとはっきり描かれてはいないんだけどなあ。もしこれがスタッフが勝手に入れたシーンならそれはとんでもない事だし、原作者の竜騎士07氏に確認を取って入れたものなら、ものすごいネタバレをされた気分なんだが…。つーか、「もしかしたら『祭囃し編』で悟史は白だったという展開になるかもしれない」という希望がぶち壊しだわ。

爪はぎのシーンは痛々しくてよかったと思うよ。
posted by gm at 02:55| Comment(0) | TrackBack(2) | ひぐらしのなく頃に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

ひぐらしのなく頃に第16話「目明し編 其の壱 初恋」

いつもの事だけど、展開が早いね。でも、押さえるべきポイントは大体押さえられていたから、それなりにうまくまとまっていたとは思う。悟史の声はちょっとイメージと違ってたなあ。葛西はよかったと思う。そして、詩音の作画がなんかエロいよ。其の壱の印象はまあまあってところ。

ただ、詩音の心理描写が少なすぎたのはいただけない。詩音の心理描写が目明し編のキモだと思うんだけど。あれがなきゃ、この先の詩音の行動は視聴者にはただのキ○ガイにしか見えないぞ。まあ実際キ○ガイみたいなもんなんだけど、色々と理解できない部分が多くなると思うんだよねえ。このままだとラストもまったく詩音に同情できずに全然泣けないものになるぞ。其の弐からはハルヒのキョン並みに詩音のモノローグを増やして欲しい。それさえあれば、詩音の行動に「納得」はできない人もいるかも知れないけど(これは原作でもそうなんだけど)、心情を「理解」することくらいはできると思う。
あと、アバンもダメだったな。あれじゃただのネタバレだ。まあ、本来その編には無いはずの場面をアバンに使用した綿流し編のほうが酷いけど。

う〜ん、そこそこ楽しめたから印象はまあまあと書いたんだけど、結構文句も書いてるな…。やっぱそんなに出来はよくなかったのか?
posted by gm at 22:27| Comment(0) | TrackBack(1) | ひぐらしのなく頃に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

ひぐらしのなく頃に第4話「鬼隠し編 其ノ四 歪」

今回は原作プレイ済みの自分でも怖かった。第2話の「嘘だ!!!」は期待はずれに終わってしまったんだけど、今回の「嘘だよ!!!」や「あはははははは」はかなり迫力があった。
しかし、原作を知らない人は、最終回でもないのに主要キャラが3人も死んで、( ゚д゚)ポカーンとしてそうだなあ。

それにしても鬼隠し編のクライマックスはかなり面白いなあ。原作をプレイした時も、このあたりは(((((((( ;゚Д゚)))))))ガクブルしつつ、真相を推理したりとかなり楽しかった。村人全員が怪しく見えて、雛見沢という村が恐ろしくて仕方なかった。ある程度真相を知ってしまった今となっては、レナと魅音は少し空気を読めと思ってしまったりもしちゃうけど。本当に悪ふざけがすぎたよ、レナ。圭一のことを心配しているのはわかるけどさ

さて、次回からは「綿流し編」か。「綿流し編」といえばやっぱり、「くけけけけけけけ」のシーンがどのくらい怖く再現されるのかが見どころ。
posted by gm at 00:36| Comment(0) | TrackBack(2) | ひぐらしのなく頃に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

「ひぐらしのなく頃に」アニメ公式サイトオープン

http://www.oyashirosama.com/web/top/index.htm

関西はARIA第2期と被ってるんですが…orz
プレイボールの後じゃないのか…と思っていたら、どうやら関西テレビの月曜深夜のアニメは火曜に移動みたいだ。ノイタミナ枠の「獣王星」も火曜深夜らしいし。まったく、迷惑極まりない話だね。

さて、ひぐらしのアニメで一番気になるのは、どういう構成になるか、ということ。噂じゃ罪滅し編までやるみたいだけど(…って、それじゃあ全然完結せーへんやん)、2クールだと1編あたり4〜5話になる計算か。これだと結構削らないといけないような気がするから、下手すると原作未プレイの人には分かりにくい内容になるんじゃないかな。
posted by gm at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ひぐらしのなく頃に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

「ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編」感想(ネタバレあり)

まず一言
長い…。

今作で大体の謎は明かされのかな。まさか謎の足音や祭具殿の物音の真相があんなのだとは思わなかった。なんだよ羽入って。罪滅し編でひぐらしの世界はファンタジーだと分かったけど、それでもあんなオカルト要素までありだとはさすがに思わなかった。
富竹殺しの犯人が鷹野さんなのは祟殺し編で勘付いたけど、未知のウイルスや未知の薬物や秘密結社の存在なんかはさすがに予想が付かん。何だか荒唐無稽。

どうも自分の好きだったひぐらしの世界からどんどん離れて行っちゃってるなあ。目明し編まではかなり良かったのに。
まあ、何だかんだ言いつつ結構面白かったんだけど。じゃなきゃ朝の6時まで一晩中延々プレイなんてことしませんよ。世界観が自分の求めていた物と違っていても、話自体は人を惹き付ける魅力があると思った。感動もしたしね。

最後に一言
お魎は一種のツンデレですね。
posted by gm at 20:16| Comment(1) | TrackBack(0) | ひぐらしのなく頃に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月08日

ひぐらしのなく頃に

友人に薦められたのでゴールデンウィーク中は「ひぐらしのなく頃に」をやって過ごしました。まあ、ひぐらし以外にも、アニメを観たり古本屋に行ったり本を読んだりしたけど。

で、「鬼隠し編」と「綿流し編」は終わったんだけど、「綿流し編」の悪質なこと。「鬼隠し編」も、楽しい日常がどんどん崩れていくのが厭でかなりきつかったけど、「綿流し編」は危険だと思ったら助かって、かと思ったらまたすぐ危険な目に遭っての繰り返しで、精神的にかなりよろしくない。それと、電話口から「くけけけけけけけけけけけけけけけ」と聴こえるシーンがマジで怖い。自分は結構ホラーとかには強いつもりだけど、ここだけは震えてしまった。それ以外の怖い場面は大丈夫だったけど。

しかしこの作品、絵が下手なのがどうも…(さすがにもう慣れたけど)。それと前半のギャルゲーのような日常パートが長すぎるのも。おかげで前半は結構だれる。まあ、それがあるからこそ後半展開で受けるショックは大きいけど。あと話の構成が京極夏彦っぽい。そういえば同じく同人ゲームで大ヒットした「月姫」も京極っぽかったな(「絡新婦の理」をパクったようなシーンもあったし)。もしかしたら京極夏彦にサウンドノベルとかの脚本を書かせたらヒットするかも。
posted by gm at 23:55| Comment(0) | TrackBack(1) | ひぐらしのなく頃に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。