2015年04月09日

藤原ここあ先生死去

漫画家の藤原ここあ先生が3月31日に亡くなっていたというニュースが。
http://natalie.mu/comic/news/143448

これはかなりショックです。「妖狐×僕SS」のアニメを観て、原作も購入して、最新作の「かつて魔法少女と悪はてきたいしていた。」も楽しく読ませていただいていて、この先も期待していたのに…。過去作も揃えていきたいなと考えていたのに…。ツイッターでも亡くなる数日前までお元気そうにつぶやいていたのに…。しかも自分とあまり変わらない年齢。いくらなんでも早すぎます。

久しぶりのブログ更新がこんなネタというのも悲しすぎますが、藤原ここあ先生のご冥福を心からお祈りします。
posted by gm at 04:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画、アニメ、特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月25日

4年ぶりの新刊

前作「涼宮ハルヒの分裂」から4年…、本日5月25日、ついにハルヒシリーズ最新作「涼宮ハルヒの驚愕」前後編が発売されました。今回発売されたのは前編・後編に特製小冊子「涼宮ハルヒの秘話」がセットになった初回限定版。バラ売りの通常版は6月15日発売予定です。

この4年の間にハルヒも色々ありましたね。テレビアニメ新作の放送に、エンドレスエイト騒動、消失のアニメ映画化…。

驚愕表 驚愕裏
外側から前編・後編両方の表紙が見えるようにシュリンクされています。

裏表紙
バーコードやISBNコードや価格などはシュリンクに貼られているシールに記載されているので、裏表紙はなんか寂しくなっています。なんかISBNとかなかった昔の本みたいですねw

秘話
小冊子「涼宮ハルヒの秘話」の表紙のハルヒがやけに可愛いですw

待ちに待った(と言うか、ぶっちゃけ一時期どうでもよくなりかけていた)新作。じっくり読ませていただくとしますかね。
posted by gm at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画、アニメ、特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月24日

漆原友紀「水域」

1月21日に単行本が上下巻同時発売、しかも愛蔵版と通常版の二種類発売という力の入れよう。ちょっと高いですが愛蔵版の方を買って読みました。漆原先生の絵の魅力を味わうには大きめの判の方がいいですよね。

この作品、雑誌連載の方も追いかけてはいましたが、その時はあまりピンと来ず。話の展開が少々複雑なので、月に一話ずつ読むより、単行本である程度一気に読んだ方が良さのわかる作品でした。地味な良作という感じです。

ただ、カラーページが少な目なのは残念ですね。漆原先生の絵はカラーで魅力が最大限引き出されると思っていますので。
posted by gm at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画、アニメ、特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

けいおんけいおん

けいおんは2期に入ってからムギちゃんのかわいさが異常になっています。1期の頃から大好きなキャラでしたが、さらに愛が深まりましたね。第2話「整頓!」のホームセンターのシーンとか、第4話「修学旅行!」の京都弁とか枕投げとか猿に餌をあげるところとかたまりませんね。

第4話の個人的ベストショット(twitterの背景にも設定してしまった)
むぎ

あと、とうとう原作にも手を出してしまいました。まだ2巻までしか買ってませんが…。コースターもらえたよ。
コースター 107151046.jpg

原作のムギちゃんはちょっと怖い。でもそれも魅力的なり。
posted by gm at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画、アニメ、特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

生徒会の一存 第12話(最終話)「生徒会の一存」

とうとう放送が終わってしまいました。原作を読んでいる身としては、ちらほら見受けられた内容の改変が気になったりはしたものの、楽しめなかったかと言うとそんなこともなく、毎週楽しませていただきました(こんなに絶賛するようなタイプの作品ではないとは思うんだけど)。

今回は真冬ちゃんの告白からスタート。アニメの最終回だからと、杉崎と真冬がくっつく展開に持っていったりはしないだろうかとちょっと不安を覚えるも、「好きだけど付き合いたいとかそういうのはない」という拍子抜けなオチで一安心。でもこれって2週に引っ張るほどのネタではないよなあ。
その後は実体化中目黒が登場。これは原作だと外伝のネタですね。どうせなら宇宙姉弟も出してほしかったな…。結局、第11話で巡の名前だけが出てくるだけで終わっちゃった。それはともかく、中目黒のいじめに纏わる話などのおかげで、杉崎と生徒会メンバーの邂逅シーンも流れました。これを最終回で流すのは予想できていたことなのですが、このシーンのおかげで、「いい最終回だなあ」としみじみ感じられるようになっていましたね。まあこのアニメで感動してしまうのってなんとなく悔しい気持ちがするんですけどね。でもちょっと感動しちゃったよチクショウ!
そして最後のシーンで、深夏が企業云々と言ってましたが、これは原作ファンへのちょっとしたサービス…なのかな。まさか企業編で2期とかないよね?

それから今回、中目黒の登場でテンションが上がっている真冬が面白かったですね。まったく自重するということを知らないんだからこの娘は…。まあかわいいからいいんですけどね!
posted by gm at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画、アニメ、特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

生徒会の一存第9話「私の生徒会」

原作ではイラストの無かった奏もアニメではしっかりと顔が。かわいかったね。

今回は後半で語られた知弦の過去話がメインなんですが、個人的にはそれよりも前半の方が楽しめましたね。過去話は原作に比べて薄くなったような印象を受けたし、それよりも何よりも、自分は握手占いのシーンが好きなもので。原作で読んだ時もドキドキしたり、「おい、俺と代われや杉崎!」などと思ったりしたけど、アニメでもまた同じことを考えて。それに嫉妬する会長も可愛いしね。前回の「嫉妬する生徒会」を観た時も感じたのですが、嫉妬している女の子って本当にいいものですね。いつかはあんな風に嫉妬とかされる身分になってみたいものですね。今のままでは無理ですけどね。

次回は「片付ける生徒会」。これって原作だと「純情ロマン○カ」が出てきた話だよね、確か…。
posted by gm at 20:12| Comment(3) | TrackBack(0) | 漫画、アニメ、特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

生徒会の一存 第7話「踏み出す生徒会」

生徒会メンバーが生徒会室から出てる!さてどうなる事かと思ったら、結局いつもと同じノリでした。単に舞台がいつもとちょっと違うだけで、合宿先で原作の「怪談する生徒会」や「キャラ付けする生徒会」の内容をやっていました。意味があるのかわからない合宿ですね。もきゅもきゅ知弦さんやギャル真冬ちゃんはアニメで観たかったので、今回やってくれて嬉しかったけど。

あと北斗星の車掌の声が肝付兼太さんでしたね。相変わらず妙なところで気合の入ったアニメだ…。

次回はエリスが登場。楽しみだ。あ、エリスちゃんが楽しみなんじゃなくて、生徒会メンバーの反応を見るのが楽しみなだけだからね、誤解しないでね。いやまあエリスちゃんかわいいけどさ。
posted by gm at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画、アニメ、特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

今期のアニメの話

今期はおっぱいとパンツと百合が多くて非常に満足です。いくつかの感想っぽいものを。

「あにゃまる探偵 キルミンずぅ」
OPとEDが頭から離れないアニメ。あとナギサ姉のヌグミンシーンはまだですか。

「そらのおとしもの」
おっぱいおっぱいパンツパンツなアニメ。パンツが空飛んだりパンツが爆発したりパンツロボが出てきたりと腹を抱えて笑えるアホエロアニメ。保志さんの演技もいいですね。
イカロスもそはらもかわいいけど僕は腹黒な生徒会長が大好きです。しかしこのアニメの女の子たちは中学生には見えんカラダしてますね。

「生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録」
今期アニメの中で唯一原作を読んでいる作品(よりによってこれかよw)。良くも悪くも基本的には原作と同じノリですね。でもやたらクオリティの高いストパンのパロなど、原作よりも暴走している部分も。残響死滅(エコー・オブ・デス)兄さんと中目黒くんのシーンも素晴らしいBLアニメに仕上がっていましたね。

知弦さんの下僕になりたい。


「夏のあらし!春夏冬中」
1期が面白かった(この作品のSF要素は藤子F作品の影響が感じられる)ので2期も視聴。2期は潤の可愛さが際立っていますね。でも自分はあらしさん一筋です。

「キディ・ガーランド」
「キディ・グレイド」みたいなのを期待していると裏切られてしまいますが、まあこれはこれで面白いかな。でも第2話はちょっとやりすぎじゃないカナ。
ク・フィーユは俺の嫁。一目惚れしちゃったよ。第3話で意外な趣味が明かされたけど、そんなんじゃ俺の愛は揺るがない。

「クイーンズブレイド 玉座を継ぐ者」
相変わらずおっぱい見せすぎの女性たちやらニクスの触手プレイやらメルファの性なる聖なるポーズやら…本当にけしからんアニメですな。
メローナが1話で石像にされてしまって本編での出番が全然ないのがちょっと残念ですが、EDと予告で活躍してくれているのでよし。EDはかなり気に入ってCD買っちゃった。
ナナエルさんも相変わらず面白ウザ可愛い。大好きなキャラです。

「真・恋姫†無双」
こっちもおっぱいおっぱい百合百合で最高ですね。おっぱいでウナギ掴みとかアホすぎるアニメですね。

「ささめきこと」
引く人は引いてしまうかも知れないガチ百合アニメ。純夏の気持ちを考えると風間はどうしようもない女だけど、いやらしい身体をしているので許す。

「とある科学の超電磁砲」
インデックスや小萌先生や姫神や御坂妹や神裂よりも御坂と黒子が大好きだった自分にとっては夢のようなアニメ。黒子の暴走に拍車がかかっているので、これで黒子ファンも増えることでしょう。

「けんぷファー」
見どころはやはり野村道子さんか。原作に声優ネタがあるらしいからそれで起用されたんだろうけど、しずかちゃんと同時期にワカメちゃん役も降板したから、もう声優の仕事はやらないと思っていたので、このアニメに出演されると聞いた時は驚きましたよ。
内容の方はと言うと、TSモノにはあまり興味ないのですが、女バージョンのナツルに沙倉さんが惚れるというまさかの百合展開!これはTSモノアニメではなくて百合アニメですね。ナツルにはずっと女のままでいてもらおう。おっぱい大きいし。
posted by gm at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画、アニメ、特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

「涼宮ハルヒの消失」2010年春劇場公開決定

さっき放送されたハルヒ最終回で特報が流れました。

うん、「エンドレスエイト」8話なんて無茶なことをしてまで「笹の葉ラプソディ」「エンドレスエイト」「涼宮ハルヒの溜息」で1クール分もたせたのは、「涼宮ハルヒの消失」をまた別の機会まで温存しておくためだということは簡単に予想が付いていたから(媒体が劇場アニメになるのかTVシリーズ3期(今回やってたのは2期ではなくあくまで「改めて放送」だとすると真2期か)になるのかまでは判断できなかったけど)まあ驚きはないですよ。
なんだかんだで楽しみではあるんですが、引っ張りすぎですよね…。
posted by gm at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画、アニメ、特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月29日

「魔法少女リリカルなのはA's」再放送決定

http://www.nanoha.com/

無印じゃなくてA'sなのは、無印が内容的に劇場版と被るからなのかな。できれば無印も観たかったけど、この際贅沢は言うまい。テレビで久々になのはが観られるので楽しみです。
posted by gm at 14:32| Comment(0) | TrackBack(1) | 漫画、アニメ、特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月04日

エンドレスエイト

今週で終わると思っていたらまさかの4週目突入。原作は15498回目のループで終了したのに、アニメのキョンたちは15500回目突入ですよ。今週やっていたことは先週放送分とほぼ同じ。アニメ自体は新規に制作されたものでも、話自体が先週と同じようなものだと観ている方もうんざりしますね。こうやって視聴者を長門の気分を味わわせようというのが向こうの狙いなんだろうけど。でも、貴重な新作枠を「エンドレスエイト」だけでこんなに使われるのもなあ…。原作は短編なのに長編並の分量だよ。来週で終わると思いたいけど、もしまだ続いたりしたら、別に暴れたりとかそういうことはしないけど腹は立つだろうね。
posted by gm at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画、アニメ、特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

ついにハルヒ2期始動

現在改めて放送中の「涼宮ハルヒの憂鬱」に、ついに新作の「笹の葉ラプソディ」が登場しました。
正直なところ、放送されるまでは本当に「笹の葉ラプソディ」が来るのか半信半疑だった、と言うか「ファンたちがこれだけ盛り上がっている中で「ミステリックサイン」が放送されたら面白いのに…」などと考えていたくらいですが、実際に新作が放送されるとやっぱテンション上がりますね。しかも「笹の葉ラプソディ」はみくるの可愛さが半端じゃないからのう。色々な意味で観ている間興奮が止まらなかったですよ。こういう感覚は最速放送のサンテレビで観たからこそ味わえるものなんだろうな。

DVDが8月26日リリース開始とCMで告知されてたけど、このDVDは新作回のみを収録したものなのか、それとも第1話から時系列順に収録したものになるのか…。もし後者なら前のDVD買った人が怒りそうだw
posted by gm at 20:00| Comment(0) | TrackBack(2) | 漫画、アニメ、特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

ねんどろいどミクかがみキタ

あまりにもかわいくて僕はもうどうにかなっちゃいそうです。

かがみく.JPG
できるだけOVAのジャケット絵っぽく。

かがみく2.JPG
「こ○○○した〜い」

かがみく3.JPG

照れ顔だけじゃなくツン顔もあればもっとよかったんだけどなあ…。
posted by gm at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画、アニメ、特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

今期アニメ

「リストランテ・パラディーゾ」のOPを見ていると、音楽担当の「コーコーヤ」が「コーヤコーヤ」に見えて仕方がない。

今期も色々とアニメを見ているわけですが、その中でも楽しく観ているアニメは、「バスカッシュ!」「戦国BASARA」「亡念のザムド」「東のエデン」「涼宮ハルヒの憂鬱」「真マジンガー 衝撃!Z編」あたりかなあ。
バスカッシュはとにかく観ていて楽しいアニメですね。熱くて明るくて。BASARAははっちゃけすぎていて観てて笑える。ザムド、エデンはまだ世界観が掴みきれていないけど、絵が綺麗で目が奪われますね。ハルヒは当時楽しんで観てたし、今回も楽しめる。全28話という情報もあるのでこの先どうなるか気になりますね。マジンガーはロボアニメ分補完って感じで(あとKBSで再放送している「太陽の使者 鉄人28号」も毎週楽しみにしている)。

あとはアニメじゃないけど、関西テレビで「仮面の忍者 赤影」の再放送がスタートしたのも嬉しいですね。去年の11月に集中放送された金目教篇全13話を観て、「他の話も観たいなあ」と思っていたので、非常に楽しませてもらっています。突っ込み所の多さがたまらない。
posted by gm at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画、アニメ、特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」公開日決定

6月27日公開だそうです。前作から予想以上に間が空いたなあ。このペースだと完結するのはいつの事やら…。マジで2015年になるんじゃ。
今回は大阪での上映館が増えているので見やすくなりそう。

あと、「序」の新作カットを追加、デジタルリマスター版『「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」EVANGELION:1.11 YOU ARE (NOT) ALONE.』のBlu-ray&DVDが5月27日に発売とか。まあこういうのを出してくることは予想できる範囲ではあったのかも知れないけど、「序」のDVDを買った身としてはきっついニュースだなあ。
posted by gm at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画、アニメ、特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

ねんどろいどミックミクかがみがかわいすぎる

グッドスマイルカンパニー ねんどろいど ミックミクかがみ
ただ今予約受付中!「ねんどろいど ミックミクかがみ」でちょこっとだけ遊んでみたお!(グッドスマイルカンパニー勤務 ミカタンブログ)

なんだこのかわいさは…。一目見ただけでハートを射抜かれた(まあ自分はいつもかがみんの事を可愛いと言ってますけどね)。かがみんの照れ顔は最高ですね。愛おしくてたまらない。つーわけで予約しました。
発売までは画像を見てニヤニヤ楽しむことにします。5月が待ち遠しいぜ。
posted by gm at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画、アニメ、特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

「蟲師」10巻発売

ついに終わってしまった…。連載開始が99年だから9年もやってたんですね。自分が読み始めたのは2003年からなので、5年間親しんできたわけですが、それだけの間付き合ってきた作品が終わるというのは寂しいものです。随分あっさりとした最終話でしたが、この作品らしくていいですね。

時間があればアニメの方ももう一度1話から見返したいなあ。
posted by gm at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画、アニメ、特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

深夜に「朝のこども劇場」のCMを流しまくるテレビ大阪

テレビ大阪は11月17日から朝のこども劇場で「機動戦士ガンダム」を放送するからって、深夜に4回(5回だったかも)もCMを流しました。朝の「こども」劇場なのに深夜アニメやってる時間にCM流すとはこれ如何に。いや、そっちの層のほうがウケいいんだろうけどさ。と言うかなんであんなにガンダムをプッシュしますかTVOは。MBSに対抗してるのか。
posted by gm at 04:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 漫画、アニメ、特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月06日

まかでみ・WAっしょい!5話

ひどすぎるネタ(いい意味で)と、気合いの入りまくった作画の組み合わせが最高ですね。見応えのあるくらいクオリティは高いけど、あまり直視したくないシーンばかり…。何という恐ろしいアニメだ。いやまあ自分はこういうホモ・ゲイネタは好きなので(あくまでネタとして好きなだけであって、俺自身の性癖はいたってノーマルです)直視しまくってましたけどね。まあ天使は両性具有なので厳密に言えば今回のネタはホモではないんですけどね。
EDも特別仕様。ひどすぎるw この馬鹿らしさは、「いぬかみっ!」の再来かも知れんね。

でも個人的に一番反応してしまったネタは青ざめた少年の顔が魔太郎っぽくなってたところです。
posted by gm at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画、アニメ、特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

新宝島

オリジナル版が復刻されるようです。小学館クリエイティブは本当に頑張ってるなあ。
価格によっては躊躇するかも知れないけど、「まんが道」ファンとしては手に入れたい一冊ではありますね。もちろん今読んでも満賀と才野が受けたような衝撃はないのでしょうが、こういう作品の場合は現在の漫画の価値観で見て面白いか面白くないかというより、資料的価値とかマニア心とかそういったものが重要なわけです。だからこれが復刻されるのはすごい事だと思うんだ。本気で読みたがっている人はそれほど多くないのかも知れないけど。

とりあえず自分はこの本を手に取った時は、「新宝島……英語で書いてあるぞ!!カッコイイ!」「手塚治虫……治虫……不思議な名前だな」と言ってみるつもりです。イタいかも知れないけどこれを読む時は満賀と才野になりきってみたいんだ。
posted by gm at 23:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 漫画、アニメ、特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。