2015年12月31日

水木しげる先生、死去

約1ヶ月前の11月30日、水木しげる大先生が亡くなった。
もっと早くブログ更新するべきだったんだろうけど、自分にとってかなり特別な存在の人物なだけに、なかなか書くことが纏まらなかった。ただまあ、年が変わる前には更新しておきたい気持ちがあったので、更新します。

正直なところ、残念な気持ちでいっぱい。当然のように100歳以上生きると思っていたので、普通なら大往生と言える93歳でも早すぎると思ってしまう。御母堂の琴江さんが94歳まで生きたので、それより若くして亡くなるというのもやはり早いだろと思う。
それから、現在「水木しげる漫画大全集」が刊行中なだけに、全集の完結を見届けてほしかったという気持ちもある。
貴重な戦争の生き証人がまた一人逝ってしまったというのもやはり残念。個人的に「総員玉砕せよ!」は全国民必読の書だと思ってるんだけど、あれを読むと本当に戦争はイカンよなあと思う。

思い返してみると、昔から本当にお世話になったお方ですよ。活動歴の長い人だけにファンの年齢層も高いから、自分なんかまだまだ若輩者だけど、それでもファン歴は20年を数えるからなあ。幼少期はアニメの「悪魔くん」に夢中になり、小学生の頃は図書館で「水木しげるのおばけ学校」シリーズを貪るように読み、鬼太郎の2期、3期の再放送でさらにその世界にのめり込み、講談社まんが百科の「妖怪大図鑑」をはじめとする一連のシリーズを購入して読んで、鬼太郎の原作にも手を出し、その他の水木作品にも手を出し、水木ワールドの奥深さを知り、人生観にも色々と影響を与えられた。鬼太郎の4期が始まった時は、初めてちゃんとリアルタイムで観る鬼太郎アニメとなったので(3期もリアルタイムである程度は観てたんだろうけど、物心はほぼついてなかったし)、躍り上がって喜んだもんです。
小学校高学年〜中学生の頃はお年玉の大半を水木関連に注ぎ込んで、作品を収集したけど、それでも当時は入手困難な作品が多くて、未知の作品だらけだった。それが現在は全集が刊行されていて、水木漫画の全貌が明らかになる日も近いわけで、いい時代になったもんです。

水木大先生、お疲れ様でした。どうか安らかに。
ラベル:水木しげる

2014年03月08日

水木しげる大先生92歳

本日3月8日は水木しげる大先生92歳の御誕生日です。
現在水木しげる漫画大全集第1期全33巻が刊行中ということもあって、例年以上に特別な日という感がありますね。
これから先も益々のご健勝をお祈りいたします。

2013年01月18日

テレビ大阪で「ゲゲゲの鬼太郎(第5期)」再放送スタート!

1月15日より、テレビ大阪の「朝のこども劇場」枠で「ゲゲゲの鬼太郎(第5期)」の再放送がスタートしました。
本放送時に全話試聴済みではあるのですが、当時我が家はまだ地デジ化していなかったこともあり、今回改めて録画&視聴しております。鬼太郎5期は16:9で制作されていましたが、アナログ放送では左右をカットして4:3で放送していたので、今回の再放送でカットされていた部分の絵も見れるので、迷うことなく保存決定です。
本放送から時間が経っていることもあって、いい具合に細かい部分を忘れているので、再放送でもなかなか楽しく観れております。

…いっそのこと、1期〜4期も再放送してくれないかなw

2010年12月28日

映画「ゲゲゲの女房」の話(少々ネタバレあり)

ちょっと前ですが、12月11日に観てきました。

あれですね、ドラマ版のような雰囲気を求める人にはおすすめできない映画ですね。マニア向けです。
貧乏時代だけに絞った内容、淡々とした空気、ドラマティックさのかけらもない。監督の自己満足臭い演出もありますが、個人的にはこの感じは嫌いではないです。水木ファン的見所は、お見合い写真と結婚写真の再限度、原稿がアニメーションとして動くところ、あたりですかね。

東京駅や調布駅前の風景が完全に現代のものでしたが、あれは予算不足ゆえのものか、それとも何らかの演出意図があったのか…。昭和30年代に行先表示がLEDのバスが走ってるとか、思わずずっこけそうになります。


あ、それと上映前に館内で主題歌の「ゲゲゲの女房のうた」がエンドレスで流れていて、ちょっと洗脳されましたw

2010年10月08日

調布で撮った写真まとめ

10月3日に水木しげる大先生の住まう地、調布へ行ってきました。

●調布駅周辺
調布市ミニバス
調布市ミニバス

調布パルコ FC東京応援フラッグ

スクランブル交差点

●水木プロの入っているマンションにて
水木プロ

●天神通り商店街
商店街入り口 天神通り商店街入り口柱
商店街入り口には、調布が舞台の「ゲゲゲの鬼太郎 朧車」のコマが。

鬼太郎 ねずみ男

ねこ娘 塗り壁

稲荷神社 商店街入り口(布多天神社側)
左の稲荷神社は「木槌の誘い」にも登場していましたね。

●布多天神社
布多天神社 御神牛

本殿

●深大寺
    

    本堂

元三大師堂 白山社

開山堂 万霊塔

延命観音

深沙堂 深沙大王堂跡記念碑     
深沙堂には、「河童の三平」のストトントノス編でもお馴染みの深沙大王(深沙大将)が祀られています。

●深大寺鬼太郎茶屋
鬼太郎茶屋 鬼太郎茶屋2

鬼太郎とねずみ男 鬼太郎の家

古代の石臼 古代の石臼2

鬼太郎たち ぬらりひょん、塗り壁、ざしきわらし

●覚證寺(水木しげる大先生の生前墓)
生前墓 生前墓2 生前墓3

生前墓4 生前墓5

生前墓6 生前墓7 生前墓8
ミケランジェロのような石屋に彫らせたという生前墓。妖怪たちがいっぱい彫られています。

2010年08月28日

ゲゲゲ展へ行ってきた

阪神百貨店梅田本店で開催されている「水木しげる米寿記念 ゲゲゲ展」へ行ってきました。いやー、人多かったですね。これもドラマ効果なのでしょうな。水木しげるに注目が集まるのは嬉しいことですが、ああも混んでいると疲れますわいw
展示についてですが、漫画の原画が鬼太郎・三平・悪魔くんの三大作品に絞っていたのは寂しいと思うも、ドラマで水木作品に注目が集まる中での開催ならばこの方がライト層には分かりやすいのかもしれませんね。「糞神島」の原稿が展示されてても一般人は唖然とするだけでしょうしw 「あいつのまいたタネだ あいつにからせよう」のシーンで三平の背中に青鉛筆でランドセルが描かれていたりとか、原画でないと分からないようなことも見られるので一見の価値あり。そして妖怪画の原画はただただ震えます。それにしてもみんな点々に注目しすぎw いや、確かに凄いのですけどね。
貸本漫画の原本展示もあり。墓場鬼太郎シリーズが刊行順に15冊全部並んでいるのを見るのは初めてかも。

鬼太郎茶屋では何を食べるか少し迷った末、妖怪クリームあんみつを注文。甘いですねえ、黒蜜が。

物販コーナーでは妖怪舎の原作フィギュアシリーズ「バナナ」とか、そう言えば持っていなかったなと思ってちくま文庫の「妖怪天国」とか、その他いろいろ購入。会場内の混雑もなかなかでしたが、個人的にはこっちのレジ待ちの列に辟易しました。

その後はまんだらけとかヨドバシとか適当に梅田を周ってから帰宅。ちょっと行かない間にまんだらけの3階の売場配置が少し変わってました。CDやDVDの品揃えが前よりしょぼくなったような…。

2010年07月29日

エロヤマエッサイモ

現在、「ゲゲゲの女房」では悪魔くんテレビ化の話をやっていますね。水木作品初のテレビ化のエピソードだけあって、泣けるものがあります。

「悪魔くん」には複数のバリエーションがありますが、実写版の原作になったのは、少年マガジン版。この悪魔くんはイケメンです、びっくりするすぐらいに。
大傑作の貸本版に比べると、マガジン版はファンの人気も劣ってはいるようですが、個人的には結構好きだったりします。メフィストの人間臭いキャラが非常に魅力的ですし、「ビチゴン事件」という水木流下ネタの入ったエピソードもありますしw あとは「なんじゃもんじゃ」での百目と悪魔くんの「エロヤマエッサイモ」「きみはだまっていてくれ」というやりとりが大好きですw それから、ラストがあまりにもあっさりとしすぎた驚愕の最終回も見どころですね。

そんなマガジン版悪魔くんは、ちくま文庫の「悪魔くん(全)」で、現在でも気軽に読めます。

2010年03月08日

水木しげる先生の誕生日

今日3月8日は水木しげる先生の88歳の御誕生日です。米寿です。おめでたいですね。かなりの高齢ですが、ファンとしてはこれからもお元気でいてもらいたいものです。

今年は、「ゲゲゲの女房」のドラマがありますし、水木関連が色々と盛り上がって欲しいですね。

2010年03月02日

「恐怖の遊星魔人 限定BOX」発売!

2月27日には店頭に並んでいたので、その日に購入しました。
外箱.JPG

複製コマ画.JPG
特典その1の複製コマ画3枚。

東スポまんが展.JPG
特典その2の東スポまんが展四コマ漫画全集。

解説小冊子.JPG
特典その3の解説小冊子。執筆者は京極夏彦、出久根達郎、佐野史郎、呉智英の4人。

恐怖の遊星魔人.JPG
本体。

水木ファンとしては一時は幻と言われていたこの作品を一度は読んでみたいと思っていたので、今回の復刻は非常に有難かったです。作品の希少価値を抜きにして見ても、しっかりと面白い作品になっているので満足度高し。絵柄や漫画のジャンルは後期の作品とは違っていても、作品から感じられる味わいは紛れもなく水木作品ですね。
「恐怖の遊星魔人」も面白いのですが、個人的には「東スポまんが展」の4コマがそれ以上に面白い。風刺が効いていて、水木先生の風刺漫画の面白さを改めて実感。

(おまけ)購入した当日のツイッターでのつぶやきを転載。

「恐怖の遊星魔人」読んだ。物語のスケールの大きさの割に終わり方があっさりしているのは同時期に描かれた「怪獣ラバン」なんかもそうだったな。もっと後の作品でも「宇宙卵」なんかはそんな感じだね。
8:47 PM Feb 27th via web

そう言えば紙芝居時代の鬼太郎作品に「ガロア」というタイトルのものがあるようだけど、これは「恐怖の遊星魔人」の前身だったりするのだろうか(「恐怖の〜」にはガロア星が出てくる)。
8:55 PM Feb 27th via web

2010年02月19日

現時点で「恐怖の遊星魔人 限定BOX」の注文を受け付けているオンラインショップ

とりあえず自分が見つけることのできた範囲で。他にもあればコメント欄にでも情報をくだされば幸いです。
未だに小学館クリエイティブのサイトに情報が出ないので本当に2月に発売されるのか不安になりますが。

HMV ONLINE(価格が最初に発表された3990円のままになっています)
http://www.hmv.co.jp/product/detail/3741456

まんが王倶楽部(こちらも3990円のまま)
http://www.mangaoh.co.jp/catalog/214973/

オンライン書店ビーケーワン(ここでは発行年月が2010.3になっています)
http://www.bk1.jp/product/03240577

セブンネットショッピング
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1102889032/subno/1

ブックサービス
http://www.bookservice.jp/bs/PSRRES1001.do?doWindowDispatch=book&ssc=1&sk=01&scn=I4778031342

e-hon(ここは発売前につき注文は受け付けていませんが一応)
http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000032384216&Action_id=121&Sza_id=LL

JBOOK(どぶろくさん情報提供感謝!だが現在のステータスは「販売中止」に…)
http://www.jbook.co.jp/p/p.aspx/3932052/s/~6b19cf0ce

2010年01月25日

「恐怖の遊星魔人」復刻決定

水木しげる幻の名作『恐怖の遊星魔人』が限定版として発売!

「恐怖の遊星魔人」が発売されるのは、小学館のサイトの2月の発売予定一覧を見て知っていましたが、ようやく内容についての詳細が。
価格は4410円と、前に出た情報(3990円)より高くなっていますが、作者の水木しげる大先生ですら大阪の古書店「籠目舎」の伊藤徹氏が手に入れるまでは所有していなかったという幻の作品が完全復刻されるとあれば買わないわけにはいかない。過去に2度限定本として復刻されてはいるものの、こちらは手に入れにくくなっているので、今回の復刻は非常に喜ばしいことです。

付録の充実度も相当なもの。
付録1:複製コマ画 3点
(『妖奇伝』から「幽霊一家」・墓場鬼太郎シリーズより「地獄の片道切符」)
わずかに残された貸本時代のコマから、当時描かれたサイズのまま1枚ずつB6の用紙に複製したマニア垂涎のプレミアム特典!

付録2:別冊付録「『東スポまんが展』四コママンガ全集」(32P)
70年代初頭に夕刊紙「東スポ」に25回連載された時事色の強い四コママンガを初めて完全集成。存在すらあまり知られていないまさに幻の作品集!

付録3:解説小冊子(16P)
京極夏彦・佐野史郎 呉智英・出久根達郎・各氏の寄稿を収録

2010年01月15日

田の中勇さん死去

うわああああああ…。
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010011500795

つい先日、「今年は鬼太郎のアニメが再開されればいいな」と書いた矢先にこのニュース…。
歴代アニメシリーズすべてで目玉親父の声を担当したお方が亡くなるというのは水木ファンにとっては非常にショッキングなニュースなので、まだ気持ちの整理ができていないのですが、今言えることは、もう二度とあの声を新たに聞くことはできないのか…ということと、これで鬼太郎5期の続編はますます難しくなるんだろうなということか。そもそもこれから先、鬼太郎の新作アニメが作られることがもう無くなるのかもしれない…。
ご冥福をお祈りします。

先月は水木しげる先生と親交のあった講談師の田辺一鶴さんも亡くなられたし、この立て続けの訃報は悲しいですね…。

2009年07月05日

完全復刻版「お笑いチーム」

先月発売された水木しげる「お笑いチーム」を読みました。小学館クリエイティブは水木先生の貸本漫画作品を色々と復刻していますが、ようやく初期のギャグ作品が登場しました。水木先生が漫画家デビュー間もない頃にいくつか発表したギャグ作品は前々から気になっていたので今回の復刻は嬉しいですね。漫画家としての方向性が定まっておらず色々なジャンルの作品に挑戦していた時期の作品ですが、それでも随所に「水木しげる」を感じる作品になっています。糞がらみのネタや、河童にヘソを奪われる展開など、後の作品にも受け継がれている要素もあって興味深いですね。
こんな貴重な作品が読めるようになるなんて素晴らしい時代だ。

今月中旬には「怪獣ラバン」が復刻される予定。後の「ないしょの話」や「大海獣」の原型となった作品(厳密に言うと、「ラバン」以前に紙芝居作品の「人間ゴジラ」があるのですが)なので、こちらも楽しみです。

2009年06月22日

「ゲゲゲの鬼太郎 日本爆裂!!」DVD購入

当然(?)、豪華限定版の方を購入したわけですが…。

表.JPG

裏.JPG

中身.JPG

この作品は劇場で観た時も面白かったので、早くDVDでも観たいところなんですが、第100話の後に位置づけられている作品だけに、テレビシリーズ本編の録画を全話観返してから観るつもりなので(現在63話まで進んでいます)、観られるのはまだまだ先なのです…。そんなわけで、165分という大ボリュームのボーナスディスクの方を先に観てみたのですが、アフレコ現場楽しそうだなあ。こんな風に声優さんたちが仲良く楽しくやっているのを見ると、本編が一層楽しく観られそうですね。「完全収録!五大鬼太郎、奇跡の勢ぞろい!!」も、歴代鬼太郎声優が一堂に会している図というのはファンとしてはわくわくするものがありますね。このボーナスディスクもまだ全部は観ていないので、これからしばらくの間じっくり堪能させてもらいます。


にゃにゃにゃ
DVDに封入されていた「ゲゲゲの鬼太郎セレクション ニャニャニャのネコ娘」のチラシ。さてこれはどうしようか。特典映像はちょっと気になるんだけど…。

2009年04月11日

鬼太郎終わっちゃった

TVアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第5シリーズの放送が、3月29日(自分の住んでいる関西での放送日は4月5日)の第100話「さらば父よ!脅威の天狗王」をもって終了しました。二年回非常に楽しませていただいた作品なので、スタッフ一同にはありがとう&お疲れ様でしたとまず言いたい。
一応今回放送された第100話が最終回となるんですが、物語自体はまったく完結しておらず、単なる新たな四十七士覚醒話でした。一応EDに鬼太郎のナレーションを入れて最終回っぽくしていましたが、四十七士は全員覚醒していないし、ぬらりひょんやバックベアードやチーとの戦いにも決着はついていないのでこれで終わりといわれても納得いく人はほとんどいないでしょうな(もちろん自分も)。とは言え、第100話と第101話の間の話として作られた劇場版「日本爆裂!!」ではぬらりひょん達の出番もあるし、四十七士も黒鴉までしか覚醒していない設定だったので、急遽(おそらく)3月での放送終了が決定した5期鬼太郎の物語を100話で纏めることは不可能だったので仕方がないのですが。

まあ、こういう尻切れトンボな終わり方をしてくれた方が、もし放送の再開が可能になった時に、続編の製作がやりやすそうなのでこれでよかったのかも知れませんが。スタッフブログを読んでいると、制作側もまだまだ鬼太郎を続けたいという気持ちがあるようなので、できればそう遠くない未来にこの物語の続きが見られるように願いたいです。

2009年03月29日

ゲゲゲの鬼太郎(第5作)第99話「都会の天守閣!妖怪亀姫」

フジテレビ(及び同時ネット局)での放送は最終回を迎えたけど、こっちはあと1話残っています。

さて今回は…亀姫がかわいかった。しかも声が井上喜久子17歳ですおいおいさんじゃないですか。最高です。
てか亀姫も長壁姫もスケールでかいことをやりやがる。琵琶湖の水抜き取られたら淀川にも水が流れないからこっちは断水ですよ。恐ろしい。悪い奴らではないんだろうけど他人の迷惑をまったく考えない連中なので、関わり合いにはなりたくないタイプですね。亀姫かわいいけど。鬼太郎はこの二人に気に入られてたけど全然羨ましくないですなw 普通なら美人二人に気に入られるなんて状況は羨ましくて仕方ないのに。なんでこんな奴らが四十七士覚醒したんだw 鬼太郎も全然嬉しそうじゃなかったし。まあ実力はあるんだろうけど。

二年間楽しんできた5期鬼太郎も残すところあと1回。話が中途半端なところで終了してしまうのはつくづく残念で仕方がない。

2009年03月08日

水木しげる先生87歳の誕生日

本日3月8日は水木しげる先生87歳の御誕生日です。おめでとうございます。これからもどうか末長くお元気で。

そんな日に関西で放送された鬼太郎は第97話の「衝撃!!鬼太郎猫になる!」だったのですが、猫又は富山県の妖怪ということで薬売りという設定。そして今回の敵妖怪である猫ショウの声は櫻井孝宏。ん?猫に薬売りに櫻井孝宏…、某アニメを思い出さずにはいられない組み合わせ。そういえばあれも東映アニメーション+フジテレビだったなあ。
あと、猫化した目玉親父のビジュアルが凄まじかったですね。

2009年03月01日

ゲゲゲの鬼太郎(第5作)第96話「怪奇ロマン!妖花の誘い」

まゆみちゃんがかわいかったです。しかも声が先代の猫娘じゃないか!最高ですね。
かわいいだけじゃなくなんかエロいし、高校生とは思えないくらいロリっぽいし、深夜アニメを見てるような気持ちに。

「妖花」は原作及び過去のアニメ作品では戦争絡みの話でしたが、今回とうとう戦争とは関係のない話に。第二次世界大戦も遠い昔の話になってしまったのでこれは仕方のないこと。鬼太郎という作品の歴史の長さを改めて感じますね。今回の話もこれはこれでかなり良かったし、舞台が水木しげる先生にとって縁深いニューギニア(出てきた妖怪から推測するに)だったり、鯨の飛行船が出てきたりと、ファンなら楽しめる要素があったので大満足です。

次回は「猫ショウ(ショウは鬼繞に肖)」の話。しかも猫町切符の要素もありそう。そして多分猫又の覚醒回になるだろう。盛り沢山な内容になりそうで楽しみ。どうやら鬼太郎もこの春で終了することが決定しちゃったようなので、残り少ない放送を一回一回じっくりと楽しみたいところですね。出来れば一期と二期みたいに短いブランクで放送を再開させて、ちゃんと話を完結させてくれれば嬉しいんですが。

2009年02月08日

ゲゲゲの鬼太郎(第5作)第93話「おばけビルの妖怪紳士!」

4月からフジテレビ日曜朝9時の枠で「ドラゴンボールZ」の再編集版が放送されるらしいけど、鬼太郎は一体どうなるんだ。ぬらりひょん一味や西洋妖怪や中国妖怪との決着もまだまだ付きそうにないし、四十七士も全員覚醒していないので、このまま中途半端に終わることになったら勿体ないよなあ。

さて今回はだるまの話。原作でも重要なファクターであった「存在しない四階」をこれでもかと強調していましたね。それを利用して怪奇ムードたっぷりの演出を見せてくれて個人的には大満足。それでいてギャグもありで楽しいお話でした。大量の子だるまだとか、四階にいる妖怪たちが原作と同じ面々だとか、煙で外に誘い出すなど、原作リスペクトの部分もありで好感度大。弱点は心臓の子だるまではなく、笑いのツボに変更されていたけど。まあ朝のアニメだとこれくらいにしておいたほうがいいのかな。笑いを限界までこらえた結果、真っ白になっていたけど大丈夫なのか?結局最後まで真っ白のままだったし。

次回は南方妖怪の出てくるお話。こいつら面白いから大好きだわ。その上アカマタとシーサーも出てくるってんだから楽しみにせざるを得ない。

2008年12月28日

「ゲゲゲの鬼太郎 日本爆裂!!」

数日前に観てきました。これは…面白いですね。とりあえず5期の方向性が好きな人は絶対に観るべし。DVD待ちなどせずに劇場で観るべし。
以下ネタバレ注意

今回は鬼太郎アニメ初の長編アニメ(過去シリーズの劇場版は「東映まんがまつり(東映アニメフェア)」の中の一本としての公開なので25〜50分くらいの作品ばかり)ということで、どのようなスケールの物語になるか楽しみだったのですが、見事に期待に応えてくれました。途中でだれることもなく、終始釘付け。脚本がよく練られてますね。後半の鮮やかな伏線回収には感心するばかり。マヤ先生はちょっと怪しいと思う場面もあったので正体に気付けたけど、まさか京夜まで敵だとは思わなかったぜ。正体を現した時の藤田淑子さんの演技が素晴らしかったです。これがあるから藤田さんほどのベテランを起用したのかな。
劇場作品だけあって敵の描写も気合が入っていましたね。学校のシーンでのCG鏡爺は、今までの鬼太郎にはない感じで新鮮。ヤトノカミもケレン味たっぷりのデザイン&圧倒的な巨大さと攻撃力で、「どうやってもこんなのに勝てそうにないぞ」と不安になるぐらいに強大さを表現できていました。

四十七士は、予告で観た時に予想したほどの活躍はなく(それでも重要な役回りでしたが。あと葵ちゃんのおっぱいなどのサービスもあり)、ちょっと拍子抜けしたものの、これらの妖怪よりも鬼太郎とねずみ男を中心に描いていた(猫娘ですら話に大きくは絡んでこないからね。話題のエリア別のシーンもかなりとって付けた感じがして、無くてもいいような気がしたし)点は、原作ファンとしては嬉しかった。やはりこの2人は名コンビですな。

ゲストキャラクターもかなり魅力的に描かれています。華ちゃんは可愛いし、鏡爺はかっこいい。原作ではただの変態エロジジイだった鏡爺があそこまでかっこよくなるとは驚きだ。それでも本質は変態だった気がするけどw あと、マヤ先生の胸も素晴らしいですな。

同時上映の五大鬼太郎や(短い時間でも各々個性を出しまくりな歴代鬼太郎の集合には感慨深いものがあります。あと戸田鬼太郎のアグレッシブな動きが面白い)、鬼太郎を土に埋めて毒を抜くという4期第9話を彷彿とさせるシーンなど、ファンサービスもばっちりで大満足。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。