2013年11月07日

600円の超巨大合体

カバヤの「勇者伝説ブレイブガム」の話です。
10月下旬に「ブレイブガム」の第2弾が発売されまして、そのラインナップがドラゴンカイザー、マイトガイン、シルバリオンの3種。で、その中のドラゴンカイザーは、昨年発売された第1弾にラインナップされていたキングエクスカイザーと合体してグレートエクスカイザーにすることが可能。ただし、第1弾は既に販売は終了していることもあって、説明書には記載されていない隠しギミックになっています。
まあそれに触発されて、エクスカイザー放映当時の玩具の方も久々に触ってみましたが、その大きさと箱体型にビビりますね。
ブレイブガム グレートエクスカイザー
300円×2の600円で当時の玩具よりプロポーションのいいグレートエクスカイザーの食玩プラモが手に入るなんてなんてすごい時代…。

このブレイブガム、これからもシリーズ続行し続けて、せめて主役勇者のグレート合体くらいはすべて揃ってくれれば嬉しいのですが、20年前のロボットアニメの食玩をこれだけのクオリティでたったの300円で売って、採算が取れているのか心配です。

2013年01月18日

テレビ大阪で「ゲゲゲの鬼太郎(第5期)」再放送スタート!

1月15日より、テレビ大阪の「朝のこども劇場」枠で「ゲゲゲの鬼太郎(第5期)」の再放送がスタートしました。
本放送時に全話試聴済みではあるのですが、当時我が家はまだ地デジ化していなかったこともあり、今回改めて録画&視聴しております。鬼太郎5期は16:9で制作されていましたが、アナログ放送では左右をカットして4:3で放送していたので、今回の再放送でカットされていた部分の絵も見れるので、迷うことなく保存決定です。
本放送から時間が経っていることもあって、いい具合に細かい部分を忘れているので、再放送でもなかなか楽しく観れております。

…いっそのこと、1期〜4期も再放送してくれないかなw

2013年01月01日

2013年、今年もよろしく!

まあ、「今年もよろしく」などと抜かせるほどブログ更新していないのが現状ではありますが…。
ツイッターがあまりにも気楽すぎるツールなのがいかんのですなあ…。

ともあれ、新年明けましておめでとうございます。

ああ、年賀状出してねーや…。あまりにも怠惰すぎる年末を過ごしてしまった。
posted by gm at 03:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記、雑文等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月03日

DXトランスフォーマーガム フォートレスマキシマス

先日、カバヤより「DXトランスフォーマーガム」全3種が発売されました。3種集めると、「トランスフォーマー ザ・ヘッドマスターズ」に登場した超巨大トランスフォーマー「フォートレスマキシマス」が完成します。フォートレスマキシマスは当時の玩具(全高55cmというTF玩具史上最大の大きさ!)がなかなかに手に入れにくい状況なので、こういった形で発売されるのは非常に嬉しいですね。
箱

1.コマンドベース+チャージャー
コマンドベース+チャージャー
フォートレスマキシマスのボディ部分に当たります。ミニボットのチャージャーが付属。

チャージャー発進
チャージャーの発進ギミックが付いています。単体でも遊べるようなギミックが付いているのは一気に全種集めることが難しい子供への細かい配慮ですね(これを買う子供がどのくらいいるのかはともかく)。

チャージャー
かなりの極小サイズながら、チャージャーは差し替えなしで変形可能。

2.ランチャーベース+フォートレス
ランチャーベース+フォートレス
フォートレスマキシマスの左腕と左足に当たります。カタパルトが回転するギミック付き。

フォートレス
ヘッドマスターのフォートレスはフォートレスマキシマスの頭部に変形。

3.スカイベース+パワーグライド
スカイベース+パワーグライド
フォートレスマキシマスの右腕と右足に当たります。それと武器のマスターソード。ミニボットのパワーグライドが付属。

パワーグライド発進
スプリングによるパワーグライド発進ギミック付き。結構勢いよく飛びますw

パワーグライド
パワーグライドは差し替えでの変形。さすがにこのサイズでは少々複雑なパワーグライドの変形を再現するのは無理だったようです。

この3種を合体させて…
シティモード
まずは巨大基地のシティモード

戦艦モード
戦艦モードへ変形!

ロボットモード フォートレスマキシマス
そして巨大ロボット「フォートレスマキシマス」に!

フォートレスマキシマス
食玩なのにそこらのTF玩具より大きいですw

全弾発射モード
全弾発射モード!

500円×3種という価格設定のために、サイズ、ギミックともにクオリティの高い商品に仕上がっており、満足度は高いです。食玩プラモなのに結構カッチリとしていて本当に素晴らしい!

2011年12月31日

2011年最後の日

2011年も今日で終わりですね。年々一年が短く感じるように…。

まあ今年も色んな事がありました。3月には未曾有の大災害といってもいいような大きな出来事もありましたし…。あの時は世間も暗いムードという感じでしたね。西日本に住んでいる自分でさえ、気分がやたらと沈んでしまいました(と言っても被災地の方々に比べれば全然大したことないのでしょうが)。
個人的に大きな出来事だったのは、母方の祖父と父方の祖父が相次いで亡くなったことです。2ヶ月続けての出来事だったので、ずっとバタバタしっぱなしでしたし、これまでここまで身近な人間が亡くなったことが無かったので、命というものについて深く重く見つめ直すことになりましたね。自分の精神に大きな影響を与えました。

自分の趣味の一つであるアニメに関してだと、オタク界隈で一番話題になった作品はやはり「魔法少女まどか☆マギカ」でしょうか。衝撃的な内容に加え、3月のアレの影響で終盤の話が盛り上がる時期に放送が中止になったことも大きな話題を呼ぶ要因になりましたね。あの時は続きが気になって、非常にやきもきさせられました。あと、「けいおん!」の映画も話題作ですかね。大スクリーンでもけいおんはけいおんで安心すると同時に、これで終わりなのかと思うと寂しくもありましたね。まあ原作が連載再開されているので、この先アニメの新作もあったりするのかもしれませんが…。
個人的に今年のアニメの中で一番ヒットしたのは「世界一初恋」です。数年前の自分なら、こういうBL作品にハマることなんて有り得なかったのですが、ネット上で色々な人に影響を受けてしまって、2008年頃から普通に受け入れられるようになりましたね。2008年の「純情ロマンチカ」もですが、中村春菊原作のBLアニメは男同士の恋愛を描いているとは言え、話の内容自体は王道の少女漫画的恋愛ものになっているので普通に面白いんですよね(ノーマルだろうが百合だろうがBLだろうが面白いものは面白いのだ!)。キャラクターも個性的で魅力的ですし。それと最終回の纏め方は今年放送されたアニメの中でかなり綺麗な部類に入ると思います。最後の高野さんのモノローグからEDへの入り方が素晴らしかったですね、思わず感動を覚えるぐらいw
あとは、「ドラえもん」が今年は結構面白い話が多くて良かったです。わさドラも脂の乗った時期が来たのかなあと嬉しくなりましたね。映画の「新・のび太と鉄人兵団」もリニューアル後のドラ映画の中では一番と言ってもいい大傑作でしたし。

お笑い関連だと、「M-1グランプリ」が無くなったのがちょっと寂しかったですね。代わりに(?)「THE MANZAI」というのがありましたが、放送当日忙しかったために観れませんでした。パンクブーブーが優勝したそうですね、おめでとうございます。あとは毎年末恒例の「オールザッツ漫才」が楽しかったですね。フットカット組はアインシュタインが優勝でした。確かにインパクトがあって面白かったですが、個人的には準優勝のクロスバー直撃の方が好きですね。彼らには2年ほど前から注目しているので、来年以降もオールザッツで活躍してもらいたいです。

では、すっかりツイッターに入り浸ってしまって、めっきり更新が減ってしまった当ブログですが、こんなブログでよろしければ来年もどうぞよろしくお願いします。
posted by gm at 02:36| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記、雑文等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。